役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

生活 社会

マスク大阪府の梅田の在庫状況は?入荷や陳列時間は何時?

大阪梅田のマスクの在庫はどのくらい?

 

全国的にもマスクが品薄です。

新型コロナウイルスの影響が、これほどまで大きなものとは想像できませんでした。

 

全国的にもマスクが品薄で入荷はしているにも関わらず、需要が大きすぎて、購入できない方のほうが多いようです。

実際に入荷しても、以前のような箱入りのマスクを店舗で見る機会も少なくなりました

 

この状況はいつまで続くのでしょうか?

そこで大阪梅田のマスクの入荷状況や、在庫はどのくらいなのかをまとめていきます。

 

更に、入荷する時間帯や購入しやすい時間帯などをお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

マスク大阪府の梅田の在庫状況は?入荷や陳列時間は何時?

この記事でお伝えする内容!

・全国的にマスクが品薄の理由は?

・大阪梅田のマスクの入荷状況や在庫は?

・陳列される時間帯や入荷はどのくらい

・通販サイトの値段や在庫は?

・マスク品薄はいつまで続く?

 

以上の内容でお伝えしていきますね。

 

全国的にマスクが品薄の理由?

 

2月初め頃から全国的にマスクが品薄になっています。

このマスクがない状況は徐々に加速していきました。

 

なぜマスクが品薄になっているのかその理由としては第一に「新型コロナウイルス」の感染が日本にも拡大しているという理由はもちろんあるのですが、更に大きな原因もあります。

 

先日、内閣府の発表で、マスクを週に1億枚の製造をしていくという話がありましたが、今週から安定的に供給されるのかなと期待していたんですが、2月22日の時点ではまだまだ供給されてはいない状態です。

 

日本で生産しているマスクの生産数が1億枚も1週間で作られるということは、1日約1500万枚生産しているという計算になります。

 

日本で消費されるマスクが例えば5000万人使用していると仮定すると、行き届かないのは当然だと思います。

現在流通しているマスクはその殆どが、袋入で枚数が少ない商品が目立ちますから数日間で消費される計算になります。

 

 

しかもマスクは中国から輸入しているものが多く、日本国内で生産する数では現時点の状況では全く供給が追いつかないこともマスクの品薄につながっています。

 

更に、花粉の季節や通常のインフルエンザの流行などダブルでマスクが消費される時期ということもマスクの需要が高い理由です。

 

大阪梅田のマスクの入荷状況は?

 

1月31日の時点では、マスクの在庫が70%位あったようです。

そこから徐々に在庫がなくなってきたのですが、あのときはまさかこれほどマスクが購入できなくなるなんて思いもよりませんでした。

 

 

 

ある場所では、ワゴンでマスクを売りさばいていた方もいたようです。

通常価格よりも高い値段で販売されていましたがどのくらい売れたのかわかりませんが、異常な事態ですよね。

 

転売をするために、大量に購入してしまう方がいたので、転売目的の販売者対策として、個数制限で販売になりました。

 

 

正直マスクの品薄状態のときってマスクという名前がついていたらどんな商品でも欲しくなるのが心理状態ですよね。

のどぬーるぬれマスクはちょっと信頼性が心配ですし、息苦しそうだから先日在庫があったけど購入しませんでした。

 

 

 

大阪の梅田でのマスクの在庫状況はほとんどの店舗が売り切れ状態が続いているようです。

今週の情報によると入荷はしているようですが、在庫がすぐに無くなっているのは全く変わらないですね。

 

 

どの店舗に行っても在庫が無いために、購入できない方のほうが多いです。

しかも日本にも感染が広まってきていますから、かなり不安に感じる方も多いですよね。

 

ドラックストアやコンビニなどでの店舗で購入しやすい時間帯を抑えておくと、少ない入荷でも購入できる可能性が出てきます。

 

そこで、入荷する時間帯や、購入しやすい時間帯などをまとめていきます。

 

 

陳列する時間帯や購入しやすい場所は?

 

マスクが入荷する時間帯として考えられるのは店舗の営業が終わったあとにトラックが入る場面を見たことがあります。

店舗によっては時間帯が多少違いますが、夕方に入荷している店舗も見られます。

 

ただ入荷しても、店内へ陳列される時間帯はまた違うようですね。

 

平均すると、入荷したマスクを陳列棚に並べる時間帯は、朝方が多いようですね。

 

 

コンビニの各店舗では、入荷時間は不規則ですね。

弁当などの食品類と生活雑貨は違うトラックで運送されている可能性が高いですが、入荷して陳列する時間帯は、朝方か、お昼頃が多いです。

 

その理由としてコンビニに勤務していたときは、夜勤をしていると早朝には食品類や雑誌類が入ってきますが、生活雑貨は仕入れをした記憶が無いので、お昼頃の入荷と陳列が一番可能性が高いですね。

 

狙い所としては、朝方か、お昼前の10時頃がマスクの在庫がありそうですね。

 

通販での値段は適正?転売商品に注意!

 

通販サイトのマスクの在庫を覗いてみると、まだ適正価格とは言えない値段で商品を販売しています。

実際通常価格よりも2倍から10倍くらいの価格で販売されているので、購入する方はできるだけ適正価格での購入をおすすめしています。

 

まだまだ先行きが不明の入荷状況とコロナウイルスの驚異が不安につながると思いますが、冷静な判断で、手洗いうがいを徹底していきましょう。

 

追伸!今後のマスクの安定供給はいつ頃?

 

この記事では、大阪梅田のマスクの入荷状況や在庫状況などをまとめていきました。

梅田では在庫がほとんど無く入荷してもすぐに売り切れてしまうほどの数量しか入ってきていない状況です。

 

意外と穴場なのは、駅ビルなどに入っている100円均一の店舗や、小さい商店街の店舗などでは在庫が入っていても見逃している方も多いと聞きます。

 

適正価格での購入をできるだけ心がけるようにしてほしいですね。

 

スポンサーリンク

-生活, 社会

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.