役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

生活 社会

マスク青森県の弘前市の在庫状況は?入荷や陳列時間は何時?

青森県弘前市のマスクの入荷状況!

 

ここ数日間で日本ではマスクの在庫がかなり品薄になっています。

その理由としては新型コロナウイルスの影響が大きいです。

 

ただ、この状況はいつまで続くのか結構不安になりますよね。

 

もうじき3月になろうとしているのに、花粉の影響やインフルエンザの感染が広がっているのに、一番信頼しているマスクの予防が出来ないというのはかなり不安な状況が続きそうですね。

 

 

そこで、青森県弘前市のマスクの在庫状況はどのくらいなのか?

入荷はいつ頃になるのか、購入しやすい場所や時間はどういう時間帯なのかについてまとめていきます。

 

更に青森県内でマスクの在庫があるそうな市町村はどこになるのかをあわせてお伝えしていきますね。

 

スポンサーリンク

マスク青森県の弘前市の在庫状況は?入荷や陳列時間は何時?

この記事でお伝えする内容は?

・マスクが品薄の最大の理由は?

・弘前市のマスクの入荷状況や在庫はどのくらい?

・マスクが購入しやすい時間帯はいつ?

・今後マスクが安定供給するのはいつ頃?

 

以上の内容でお伝えしていきますね。

 

全国的にマスクが品薄の理由?

 

最近のマスクの品薄状態は過去に例を見ないくらいの影響ですよね。

実際近隣のドラックストアや、コンビニなど一通り回ってみた結果としては、ほとんどの店舗でマスクの在庫がなく、入荷も未定という張り紙が多く見られます。

 

この影響は、やっぱり新型のウイルスが主な原因とされています。

 

しかし、それ以外にもマスクを普段からひつようとなる医療機関や、マスクが仕事柄必要な方たちの安定供給が出来ていない点もあげられます。

 

更に花粉症の季節や、通常流行するインフルエンザの対策などマスクの需要が一番必要な季節にコロナウイルスが拡大していることが更にマスクの需要を引き上げていますよね。

 

一体いつになったらマスクが安定供給されるのかまだまだ見通しも立っていない状況です。

 

国の発表によると先週くらいから、マスクの製造工場が24時間フル稼働で週に1億枚生産するという菅官房長官の発表があったところですが、まだまだ青森県では在庫が補充される様子は見られていません。

 

そこで弘前市ではどのくらいの在庫があるのかを調べてみました。

 

 

青森県弘前市のマスクの入荷状況は?

 

青森県弘前市のマスクの在庫状況としては、ドラックストアやコンビニなどのマスクが販売されている店舗に足を運んでみるとほとんどの店舗では、マスクの在庫が確認できませんでした。

 

そればかりか、入荷の見通しも立っていない状態という店舗の張り紙が余計に目立ちました。

 

ふと疑問を感じるのですが、一体入荷はされているんだろうか?という疑問です。

テレビなどの情報によるとマスク生産工場では大量に毎日生産しているのにも関わらず、どうして、弘前市にや他の地域もマスクの在庫が無いのだろうと疑問に感じているんです。

 

ただ、生産はしているものの需要に追いつかず、マスクが入荷してもすぐに売れてしまうのが需要が満たされない原因でした。

 

 

青森県内で中心部から離れた田舎に近い場所でもコンビニやドラックストアは軒並み売り切れ状態でした。

 

2月当初には多少なりとも在庫が見られていましたが、2月後半近くになってくると安定供給がなくなり、ほとんどの地域や、店舗では在庫がない状態が続いています。

 

2月5日に「シバタ医理科」が武漢市におよそ4000枚のマスクの寄付をしましたが、人を救いたいという美しい行動は素晴らしいのですが、まさかこれほどまでマスクが国内でも足りなくなる状況になるとは予想もできなかったことですよね。

 

弘前市でのマスクの入荷情報はあまり入ってきていませんが、お客さんが多く出入りする店舗などでは、早い段階で売り切れてしまう傾向がありますね。

 

意外と穴場な店舗としては、コンビニや100円均一ショップで、数袋の在庫が確認できています。

ただ、袋マスクは枚数が5枚から7枚という枚数しか入っていないために、かなり不安感がありますよね。

 

無いよりはマシですが、早く安定供給してほしいものです。

 

陳列する時間帯や購入しやすい場所は?

 

青森県内でも少量ずつですが、マスクの入荷はされているようですね。

ただ、入荷してもすぐに売り切れてしまう状況のために、手に入れられる人も限られています。

 

ただ、入荷する時間帯や、陳列棚に並べられるタイミングなどある程度把握しておくことで、マスクを手に入れやすくなる可能性が上がります。

 

その時間帯とは、平均して運送業者が荷物を下ろすのが営業時間が終わった頃で、陳列されるのは朝方だと予想されます。

つまり、開店間際の店舗ではマスクを購入する確率が上がってきます。

 

コンビニなどでは、入荷する時間帯が4つあります。

朝、昼、夕、深夜というように、弁当類と合わせて、入荷することが多く、主に朝方には本などと一緒にマスクも入荷する可能性が高いですね。

 

つまり、朝方に店舗をみてみることでマスクを入手しやすくなるかもしれないですね。

 

 

通販での値段は適正?転売商品に注意!

 

最近横行しているマスクの通販での転売ですが、あまりにも法外な価格でユーザーはかなり困っていますよね。

現在の通販情報も、値段が適正ではなく、通常の10倍ぐらいの価格で取引されていることが目立っています。

 

人の心理状況を逆手に取る悪質な転売はちょっと許せませんよね。

 

どうしても必要なときにはしょうがないかもしれませんが、あまりにも高い値段で販売されている通販サイトの転売は特に気をつけるようにしてください。

 

必ず定価を確認してから、もしあまりにも法外な値段で設定している業者や個人を見つけたら、取り扱いサイトに問い合わせを入れてみましょう。

 

追伸!今後のマスクの安定供給はいつ頃?

 

この記事では、青森県弘前市のマスクの入荷状況や在庫状況などをお伝えしていきました。

 

全体的に見ても青森県内でマスクの在庫がある店舗は殆ど見られませんでした。

しかも入荷してもすぐに売り切れてしまうという需要が溢れている状態です。

 

徐々に入荷が進んでくるという情報もありますが、2月21日現時点ではまだまだ安定供給するという段階では無いようですね。

 

国の発表だとコロナウイルスの感染が落ち着かない限りマスクの入荷は安定に入らないと言われていますので、手洗いうがいをしっかりやって予防していくようにしましょう。

 

気休めですが、手作りマスクの情報も結構上がっていますので参考にしていきましょうね。

 

スポンサーリンク

-生活, 社会

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.