役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

生活 社会

マスクが顔にフィットするウイルス予防のおすすめは?ウイルス対策で効果があるのはどれ?

新型コロナウイルス対策ができるマスクは一体どれ?

 

中国を始めとして世界中に広がりつつあるコロナウイルスはかなり脅威です。

日本でもあまりの広がり方に恐怖を感じた方々のマスクの買い込み需要が高くなってきています。

 

そこで、マスクでウイルスを防ぐことができるのか?

ウイルス対策でおすすめのマスクはどんな種類のマスクなのかをこの記事でまとめていきたいと思います。

 

最近特に耳にするN95やサージカルマスクの違いも合わせてお伝えしていきますね。

 

スポンサーリンク

マスクが顔にフィットする三層構造のおすすめは?ウイルス対策で効果があるのはどれ?

この記事でお伝えすること

・マスクはどれだけウイルスを防げるのか?

・サージカルマスクとN95マスクの違い

・マスクと顔の隙間がゼロに近いマスクは?

・コスパで選ぶマスク

 

以上の内容でお伝えしていきますね。

 

マスクはウイルスをどれだけカットできるか?

 

まず、マスクがどれだけインフルエンザウイルスに効果があるのかをお伝えしていきますね。

この情報はある大学院の臨床検査准教授の情報をもとにお伝えしています。

 

一般的に販売されている不織布マスクの穴は5μメートルと言われています。

 

インフルエンザに感染した方からの飛沫感染の予防という点では、一般的な不織布マスクでもギリギリできるという感じですが、インフルエンザの細菌を直接一般的なマスクで防ぐことは不可能に近いことです。

 

実際一般的な不織布マスクは5μメートルの大きさの菌までは防ぐことができると言われていますが、インフルエンザウイルス自体は0、1μメートルと言われています。

 

くしゃみなどの水分が含まれることによって、ギリギリ一般的なマスクで防げるレベルなので、感染源の細菌を防ぐのはマスクは気休め程度ということになります。

 

つまり、マスクは感染した方が二次的な感染をさせないための予防という目的で使われることが多いわけですから、マスク自体が完全にウイルスを防いでくれる万能ではないということを意識しておいてください。

 

 

サージカルマスクとN95マスクの違い!

 

サージカルマスクと最近注目を集めているN95マスクとの大きな違いをまとめていきますね。

 

サージカルマスクってよく耳にしますが、要するに医療従事者や医療関係で使用されるという意味のようです。

その性能は一般的に販売されている不織布の布の隙間の大きさはほとんど変わりません。

 

5μメートル以下の細菌は防ぐことが出来ないようですね。

感染予防として飛沫感染予防には重宝されているマスクと言われています。

 

N95マスクは最近よく注目されているマスクですが、このN95マスクは、細菌の小さなものを防ぐことができるので、今回のコロナウイルス対策でもかなり期待されるマスクとなっています。

 

N95マスクは市販されていないので通販で購入する他ありません、しかも価格が高いのも特徴です。

 

ただ、サージカルマスクも、N95マスクも使用方法を間違うと、全く効果がなくなります。

基本的にはマスクを鼻までしっかり覆うことが絶対条件になります。

 

 

 

マスクをフィット感で選ぶならどれがおすすめ?

 

マスクをフィット感だけで選ぶならば、個人差があると思います。

ただ、顔とマスクの接地面が多いほうがウイルスをカットできる確率が上がると思います。

 

あくまでも、完全にマスクで防げるわけではありませんが、それでもフィットしてくれるだけでも気分的に落ち着きます。

 

以下に紹介するマスクは、N95マスクで、かなりフィット感があるマスクです。

価格もかなり高いですが、それだけウイルスを防ぐという点でも安定感があります。

 

 

N95は値段が高いのがデメリットになりますが、インフルエンザやコロナウイルスを防ぐという点では、市販で販売されているフィット感が高いものなら安心感があります。

 

市販で販売されている中では一番フィット感が高いマスクとして有名なのが、鼻セレブマスクです。

使用感も高いですが、ウイルス対策も良いようですね。

 

 

コスパが良いマスクのおすすめ

 

最近では100円均一ショップでもかなりコスパが良い商品が販売されています。

ダイソーで販売されているマスクは110円で30枚入りというコスパの高さです。

 

予防という部分では安いマスクでも十分すぎるほど安心感があります。

実際飛沫感染という点では、水分が入っている最近は5μメートルくらいですから、防ぐことは可能のようですね。

 

完全に防ぐのは難しいですけど、口の周りが湿度を上げるためにはマスクは必須ですね。

 

 

光触媒でウイルスを不活化するマスク

 

異色のマスクとしては、ウイルスを不活化させてしまうようなマスクもあります。

価格はかなり高い目ですが、かなりウイルスをカットして感染を防げそうですね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウイルス不活化マスク ガーディVマスク お得な100枚セット
価格:41800円(税込、送料別) (2020/2/1時点)

楽天で購入

 

 

現時点で通販サイトでのマスクの取り扱いはかなり品薄になっています。

マスクは、高機能になればなるほど値段も同時に高くなっています。

 

安くて高機能のマスクとしてはマツキヨのマスクもかなり売れ筋のようです。

 

マスクは完全に最近を防げませんが、口元の湿度を上げることで細菌を水分で包んで感染の確率を低くできるようですので、気休めでもマスクを付けることをおすすめします。

 

更にウイルスを予防するにはうがい、手洗いがかなり効果的です。

イソジンでうがいをして食事をする前はしっかり手を洗うことが、インフルエンザを予防する地道なやり方ですね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第3類医薬品】イソジンうがい薬 500ml
価格:1848円(税込、送料別) (2020/2/1時点)

楽天で購入

 

 

 

追伸!マスクは予防の一歩完全に防げるわけではない!

 

この記事では、マスクがどのくらいウイルスをカットできるのか?

おすすめのマスクの紹介をしていきました。

 

基本的にはウイルスを完全にマスクで予防することは難しいようです。

武漢の医療機関でも患者から感染したケースもありますので、N95マスクを使用していてもしっかりと使用しない場合ではその効果も発揮できないので、使用方法を知ってしっかりマスクを装着するようにしましょう。

 

コストパフォーマンスで選ぶか、フィット感を選ぶのか、個人的な部分が大きいですが、私はコスト的な部分で選んでいます。

 

とりあえず口元の湿度を上げるという点ではマスクはかなり効果を発揮してくれます。

スポンサーリンク

-生活, 社会

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.