スポーツ

冨岡聖平の経歴や卒業高校や大学は?メジャーにストレート入団はなぜ出来た?

日本人メジャーリーガーへ挑戦する冨岡聖平さんがストレート入団!

 

日本人として野球のあこがれの舞台でもある「メジャーリーグ」へ挑戦する選手がまた現れました。

冨岡聖平さんという右投げピッチャーがアスレチックスへマイナー契約をしたというニュースを聞いて、日本では聞いたことがない選手になぜメジャーへ入れたのか知りたくなりました。

 

通常であれば日本のプロ野球で実績を積んでからメジャーへ徴する選手の方が圧倒的に多いのに、冨岡聖平さんはストレートでメジャーへの挑戦を決めました。

 

なぜ日本プロ野球での活躍がないのにメジャーマイナー契約までたどり着けたのか?マイナー契約までのやり方なども合わせてまとめていきますね。

 

スポンサーリンク

冨岡聖平の経歴や卒業高校や大学は?メジャーにストレート入団はなぜ出来た?

この記事でお伝えする内容

・冨岡聖平の経歴

・冨岡聖平さんの社会人野球の実力は

・なぜメジャーへストレート入団出来た?

・日本人選手がメジャーで活躍する絶対条件

以上の内容でお伝えしていきますね。

 

冨岡聖平の経歴

 

名前 冨岡聖平(とみおか しょうへい)
生年月日 1996年2月29日
年齢 23歳(2020年1月現在)
出身 富山
投打 右投げ、右打ち
身長/体重 180/89
学歴 田家小→鷹施中→桜井校→東洋大→バイタルネット入社

 

それでは冨岡聖平さんについて経歴をまとめていきますね。

 

冨岡聖平さんは現在23歳で社会人野球を舞台に活躍をしていた投手です。

来年度からオークランドアスレチックへのマイナー選手としてメジャーを目指して行くことが決定しています。

 

小学生時代から野球を始めた冨岡さんは田家イーグルスに所属していました。

鷹施中では軟式野球部に所属して、桜井校からは1年秋からベンチ入りしているほど才能があった選手だったそうです。

 

高校3年生のときには県で準優勝、その後東洋大学を経てバイタルネットに入社しています。

 

バイタルネットとは医療品を扱う会社で自己管理もバイタルネットに勤務していた時に特に気をつけて自己管理はとても得意だ荘ですね。

 

体型にも恵まれていて、180センチという身長に89キロの体重で速球は153キロのスピードがでていました。

入団テストでスピードある速球を投げられてこともマイナー契約で入団できた結果だと思います。

 

2019年の2月から本格的にレッスンを開始した時点での球速は140キロほどだったそうですが、約半年の間訓練を積んで153キロまで球速を伸ばしたそうですね。

 

そこまで球速を上げられたレッスン内容も気になりますが、もともと冨岡さんの備わっていた実力も素晴らしいものを持っていると思います。

 

冨岡聖平の実力や球種は?

 

冨岡聖平さんは日本でのプロ野球経験がなく、現時点でのバイタルネットという会社の社会人野球選手としてからのメジャーマイナー契約という異例の選手でもあります。

 

東洋大学時代の1年後輩に当たる、現在DeNAで活躍している上茶谷大河投手もこのニュースに驚きを隠せない様子でした。

 

そういう意味でも、メジャーで冨岡さんが活躍する実力や通用する球種などについてまとめていきます。

上茶谷大河投手も話している通り、冨岡さんのストレートは「柔らかいしなやかな投げ方でとりあえずボールの伸びがめちゃくちゃすごかったです!

この様に話していました。

 

しかも性格も真面目で面白い人物だということで海外に行ってもコミュニケーションの部分では問題ないように思いますね。

 

冨岡聖平さんの球種は?

球種としては「カットボール」や「チェンジアップ」という球種を持っているそうです。

バッターの手前で浮くようなボールはメジャーでもかなり通用する球種ですので、メジャー昇格も早い段階でプレーできることが予想されますね。

 

ただ、あこがれの選手として名前を上げているのはイチロー選手ということで野手への転向も考えられますよね。

バッターとしての冨岡さんの実力はあまり情報がありませんが、大谷翔平選手などメジャーで開花した選手もいるという前例がある通り、もしかしたらメジャーでの二刀流の可能性もありますよね。

 

 

真面目な性格で努力を惜しまない冨岡選手ですから、きっとアメリカンドリームを手にしてくれると思います。

 

憧れはイチローで野手転向の可能性!

 

大谷翔平さんの例もある通り、冨岡さんもピッチャーでの入団を決めたのですが、今後の展開次第では、野手への転向の可能性もありますよね。

 

ただ、ピッチャーからの野手への転向はかなりハードルが高いように思います。

 

その理由としては、日本のプロ野球での実績もありませんし、その能力は未知数ですから、どのくらい野手として活躍できるのかも未知数になります。

 

ただ、高校や大学、社会人野球として野球一本で活躍されてきた方ですから、どんなポジションでも数ヶ月練習することでプロとしても活躍できる力を身につけられると思います。

 

まだ23歳という若さですから、まだまだ可能性は無限大ですよね。

 

 

日本のプロ野球経験無しでメジャーにストレートは異例?

 

日本人メジャーリーガーとして挑戦する冨岡聖平さんはなぜ日本プロ野球の実績がなくてもメジャーへのきっぷを手に入れられたのか?

 

野球でメジャーを目指す方もたくさんいる中で希望の星になりますよね。

 

冨岡聖平さんのケースで言えば、社会人野球として活躍していた中でテスト生募集の記事を見つけたことが大きなきっかけになったようです。

 

小学生時代からメジャーで活躍することを夢見ていた冨岡少年は、夢を諦めずに願い続けてきた結果、現在のようなアスレチックスへのマイナー契約までたどり着けた理由だと思います。

 

冨岡さんのようなニュースをみた、野球少年は是非参考にしてほしいものですね。

 

これからメジャーに昇格して活躍してくれるともっと野球人気も盛り上がってくれると思います。

 

追伸!マイナーリーグから出世するのは難しい?

 

この記事では、アスレチックスへのマイナー契約を決めた冨岡聖平さんについて経歴や球種などの情報をまとめていきました。

 

この記事でお伝えしたこと

・冨岡聖平さん23歳

・冨岡さんの野球歴 田家小→鷹施中→桜井校→東洋大→バイタルネット入社

・アスレチックスへのマイナー契約が決まる

・最速153キロの速球とカットボール、チェンジアップが得意

 

日本人としてピッチャーで活躍するにはかなり大変なことです。

過去にメジャーで活躍したトップ選手ですら2,3年の活躍で引退という状況ですから、早い段階で頭角を現して活躍してほしいと思います。

 

スポンサーリンク

-スポーツ

© 2020 気まぐれ情報屋 Powered by AFFINGER5