役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

生活 社会 経済

檸檬堂酎ハイの再入荷はいつ頃?通販の在庫や製造工場で味が違うのはなぜ?

檸檬堂の出荷休止の本当の理由!

 

檸檬堂が街から消えました!!

 

16日にコカ・コーラボトラーズジャパンが一時檸檬堂の販売を休止するというニュースもある通り、一時生産ができない状況になりました。

 

こんなニュースが出ると一瞬にして在庫がなくなるのは予想できますよね。

今回の檸檬堂が生産休止ということで、まだ檸檬堂を飲んでいない方には、かなり興味をそそられる商品に感じると思います。

 

人間は生産が休止されることや中止になるような商品は価値を感じる生き物だと思います。

そこでいつ頃生産が開始されて再入荷になるのかについてまとめて行きます。

 

更に、檸檬堂が本当に生産を休止する理由についてもお伝えしていきますね。

 

スポンサーリンク

檸檬堂酎ハイの再入荷はいつ頃?通販の在庫や製造工場は何箇所?

この記事のまとめ

・檸檬堂が売れすぎるその理由は?

・檸檬堂の再入荷はいつ頃になる?

・通販サイトや在庫がある店舗はどこ?

・檸檬堂が製造休止した本当の理由はクレーム対処?

 

以上の内容でお伝えしていきますね。

 

檸檬堂が売れすぎて生産ラインを増量!

 

レモンチューハイは最近よく飲まれる方も多いはずです。

ビールよりも、レモンチューハイを好む方も多くなってきているのも事実ですね。

 

EXILEもレモンチューハイを飲んでいるのも人気に火がついた原因かもしれませんね。

 

清涼飲料水の大手「コカ・コーラボトラーズジャパン」が展開する、檸檬堂という商品が想像以上に売れすぎたために、生産ラインを改良するために、一時出荷を制限して休止をすることを16日に発表したそうですね。

 

現在檸檬堂の4種類の商品は「定番レモン」「塩レモン」「はちみつレモン」「鬼レモン」とあります。

 

一番人気の定番レモンは店舗や通販サイトでも入荷待ち状態となっているところが目立ってきていますよね。

 

そういう意味でも、檸檬堂の缶チューハイを待ち望んでいる方も多いと思います。

 

そこで、コカ・コーラボトラーズジャパンが販売する、檸檬堂がいつ頃再入荷になるのかを予想していきたいと思います。

 

店舗によってはすでに売り切れになっている場所もあるくらいですから、生産が開始されるのが待ち遠しいですね。

 

檸檬堂酎ハイの再入荷はいつ頃?

 

檸檬堂がこれほどまでに売れるとは販売側も想像が出来なかったことだと思います。

レモンチューハイでは異例の売り上げを上げることが出来た要因には、宣伝効果もあると思いますが、男性にも女性にも選びやすい最近の主流になりつつあるアルコール度数を選べるということがこれほどまでに売れた理由ではないかと思います。

 

3,5,7,9%と2%刻みで度数が選べることも魅力ですし、最近の主流になりつつある度数が強い9%がレモンの味が濃くて飲みごたえがあるのが魅力ですよね。

 

そこで16日に販売休止を宣言したコカ・コーラボトラーズジャパンはいつ頃に入荷出来るのか?

生産はいつ頃開始になるのかをまとめて行きます。

 

あるニュースサイトの情報によれば1月中には生産が出来るようになると情報がありました。

1月中に生産が開始になるということは、予想として、2月中旬ごろにはお近くの販売店舗で購入できる可能性が高いということになりますよね。

 

私が住んでいる地域はかなり田舎ですが、まだ多少の在庫がありました。

しかし、このニュースが発表されると人間心理としてはどうしてものみたいという欲求が沸き起こるので、現在の在庫が完売するのも時間の問題でしょうね。

 

個人的には檸檬堂を購入できる時期として妥当なのが「2月中旬ごろ」だと予想しています。

その根拠としては「通販サイト」などの情報を見ると、2月中旬ごろの入荷予定と記載されているからです。

 

例えば、楽天市場を閲覧してみると以下のサイトには2月中旬ごろの入荷と書かれていました。

楽天などに出店している業者は、小売業者も入っているために製造元からの情報も入りやすいことから、情報がかなり正確だと思っています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

檸檬堂 鬼レモン9% 350ml缶×24本【2月中旬より発送の予約となります】山口工場製造
価格:3575円(税込、送料別) (2020/1/17時点)

楽天で購入

 

 

 

 

 

通販サイトは価格が高いので注意!

 

近くのスーパーや酒屋などで在庫が切れているということで、もしかしたら通販サイトで在庫が無いか調べる方も多いはずです。

 

しかし、気をつけてほしいのは、今回のような供給が制限されている状況になると、当たり前ですが需要が高まりますよね。

商品が少なくなるということはそれだけ現在ある商品の価値が大きくなるということです。

 

つまり、通販サイトなどで販売されている檸檬堂はかなり価格が高く販売される場合があります。

通常価格の2倍、3倍の値段で販売されるのはこの時期だけです。

 

どうしても商品がほしいという気持ちはわかりますが、いずれ2月中旬ごろには手元に通常価格で購入できるものをあえて倍以上の値段で購入するのは懸命な判断とは言えません。

 

品薄になるとどうしても欲しくなるのが人間の心理ですが、高い値段で優越感を感じるのか、ちょっと時間を空けて普段どおりの値段で購入するのかを冷静に判断するようにしてくださいね。

 

以下のAmazonで販売されている商品は正規の値段では無いので、本当に必要であれば購入してくださいね。

 

定価の価格は350mlで150円(税抜)です。

24缶入りだと約4000円位が適正価格だと言えます。

 

スポンサーリンク

製造休止の本当の理由は製造工場で味が違うから?

 

今回の檸檬堂が製造休止になった理由としては売れすぎたために、一時製造を休止するという理由でした。

 

しかし、檸檬堂のことを調べていくうちに、意外なクレームの情報がありました。

そのクレームとは「製造工場によって味が違う」ということです。

 

檸檬堂が販売された時に最初にテストマーケティングで九州地方を限定で檸檬堂を販売をスタートさせました。

九州地方で製造された檸檬堂がかなり評判が良かったので、全国展開を開始したわけです。

 

しかし、全国で販売された時に「味が違う」というユーザーからのクレームがコカ・コーラに寄せられたそうです。

 

その内容は

・九州地方の工場で製造された檸檬堂と関東で製造された檸檬堂が色もレモンの濃さも違う

 

という内容でした。

 

実際のところコカコーラが返答した内容は以下の通りでした。

 

「原料の一部に天然物を使用しているため、最終製品の液色に差異が見られる場合があります、味わいには影響が無いことは確認しています。」

 

以上のようなコメントが帰ってきたそうです。

 

それにしても、ユーザーは埼玉と山口では味がかなり違うという反応が多いです。

 

 

 

追伸!コカ・コーラのブランドは強い!

 

この記事では、檸檬堂という缶チューハイが一時生産を休止するということで再入荷や生産開始がいつ頃になるのかをまとめていきました。

 

情報によると「2月中旬ごろの再販」がかなり濃厚だと予想されます。

 

それにしても、生産工場で味が違うことについて、詐欺だと感じる方もいるくらいの人気商品となった背景にはコカコーラという大手企業が初めてアルコール飲料に参入したということが大きな勝算かもしれませんね。

 

どこまでライバルの企業が追随出来るのか見守りたいと思います。

スポンサーリンク

-生活, 社会, 経済

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.