役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

社会 経済

ゴーンのレバノンの住宅の値段は?政府との関係や国籍は何個で出身はどこ?

カルロス・ゴーンさんがレバノンへ渡航した理由はなに?

 

今年も残り何時間で2019年が終わろうとしています。

 

そんな今年最後との大晦日に、日産の元社長のカルロス・ゴーンさんが、「私はレバノンにいる」というコメントを残して、日本を離れたことを報告していました。

 

なぜ、ゴーンンさんはここに来て、レバノンへ行ったのでしょうか?

まだ解決していない内容なだけに、日本政府とレバノンとの外交も注目されますが、この記事ではゴーンさんの国籍はいくつあるのか?

 

そしてレバノンにある大豪邸の値段や所有者は誰なのかということについてもまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ゴーンのレバノンの住宅の値段は?政府との関係や国籍は何個で出身はどこ?

まずはこの記事のまとめをお伝えしていきますね。

 

・カルロス・ゴーンはなぜレバノンへ?

・カルロス・ゴーンのレバノンの大豪邸はいくら?

・ゴーンさあなたは国籍何個?どこの出身ですか?

・ゴーンさんはどこの国の人?

 

以上の内容をお伝えしていきますね。

 

カルロス・ゴーンのレバノン渡航はなぜ?

 

カルロス・ゴーンさんと言えば、日産自動車の元社長です。

一時期は日産の救世主とまでもてはやされた姿もありましたが、今現在では追われる身となって、日本政府に反旗を翻している注目の人物ですよね。

 

ただ、年末のこの時期になぜレバノンへ渡航しているのか?

一つの理由としては「国籍」があるためにレバノンへ向かったという理由がありますね。

 

国籍があるからと言ってもレバノンという国は日本ではあまりいい印象がない国で、度々紛争があるというニュースが聞かれる国でもありますよね。

 

カルロス・ゴーンさんがレバノンへ言った最大の理由としては「引き渡し条約が結ばれていない」という点が大きいと思います。

 

つまり、日本で問題を起こしてもレバノンへいることで日本の引き渡しには応じなくても良いという条約に守られているために、ゴーンさんは、身を隠すためと今後の行動を立て直すために選んだ国ということになります。

 

それにしても、カルロス・ゴーンさんは何カ国の国に家を所有しているのでしょうか?

更にその値段や大豪邸と言われる大きさはどのくらいでしょうか?

 

レバノンの住宅は誰の?その値段は?

 

カルロス・ゴーンさんは日産の社長に在籍していた頃はベイルートとリオデジャネイロに日産が購入した住宅がありました。

 

そこに家族も出入りしていたのですが、そちらへの出入りができなくなったという情報もありますよね。

 

ただ、もともと麻布ヒルズと言われるくらいの豪邸に住んでいたのですが、今では立場や場所も追いやられてしまいました。

 

ゴーンさんには、他にも豪邸を所有しているようで、今回のレバノンもその一つですよね。

その家はかなり大きく、大豪邸と言えるくらいの物件です。

 

上の写真は実際にゴーンさんが所有する物件ですが、レバノンは貧富の差が激しくて、富裕層はかなりの豪邸に住んでいます。

 

 

地中海に面したマンションなら、1部屋3億円というとてつもない豪邸が並んでいるそうですね。

この建物を専門家が見る限り、建物1棟と土地代を合わせて10億円くらいだそうですね。

 

こんな大豪邸が並んでいるからレバノンは不思議な国ですよね。

 

 

ゴーンとレバノン政府のつながりは?

 

現在ではゴーンさんのイメージはあまりいいものではありませんが、ゴーンさんはもともとはタイヤメーカーのミシュランの社員として働いていました。

 

そこからルノーの社長としてスカウトされるくらいの手腕を発揮していました。

 

「コストキラー」や「ミスター調整」などという異名を持っているゴーンさんは叩き上げのすごい人物として、世界のトップテンに入るくらいの最強の事業家としても紹介されていました。

 

そんなカルロス・ゴーンさんは、もともとはレバノン人です。

レバノンの人たちからすれば、ゴーンさんはヒーローですよね。

 

日本は悪者でゴーンは悪くないという主張が聞こえてきそうですよね。

 

つまり、憶測ですが、レバノン政府はゴーンさんを養護する可能性は高いということで、今後身柄を引き取るのは難しくなりそうですね。

 

しかも、ゴーンさんについている弁護士さんも頭を抱えるほど困っているそうです。

連絡もなしにレバノンへ言ってしまうのですから弁護のしようがないですよね。

 

 

ゴーンは国籍は何個持っているの?

 

ニュースを見ていて、気になることは、ゴーンさんは一体どこの国の人と思うくらい国籍を持っています。

 

レバノンの国籍は出身だから当然ですが、その他にもブラジル、フランスの国籍を持っていて全部で3つの国籍を持っています。

 

なぜ多重国籍が出来るかは、生まれた場所やその国の情勢にも大きく関わってくるのですが、ゴーンさんとってはレバノンへ入国したことや、その他の身を隠すすべが豊富に揃っているということにもつながるようになりますよね。

 

日本側とゴーンさんサイドにはかなりの大きな隔たりや意見の食い違いがありますので、はっきりしてほしいですよね。

 

追伸!カルロス・ゴーンはどこの出身?

 

この記事ではカルロス・ゴーンさんのレバノンへ入国したことで所有している大豪邸の値段や、なぜレバノンへ行ったのか?

ということについてまとめていきました。

 

国籍が3つもあって、レバノン出身ということから入国したようですね。

しかも「身柄引き渡し条約」が日本と結ばれていないということで、レバノンへ行ったのかなと言う意見も多いですね。

 

ただ、所有している豪邸は10億円はくだらないという金額ですのでさすがと言えますね。

スポンサーリンク

-社会, 経済

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.