社会

伊藤詩織の出身や経歴は?卒業大学や現在の仕事と華麗なる職歴は?

伊藤詩織さんのことをまとめていきます。

 

何かと話題がある「伊藤詩織」さんの情報をまとめていきたいと思います。

 

現在テレビやメディアで紹介されている情報とは全く狙い所が違いますので、そちらの情報を知りたい方は、大手のメディアの情報を読んでくださいね。

 

この記事では、単純に伊藤詩織さんの魅力あふれる表情や、仕事のキャリア的な部分などに注目していきたいと思います。

 

女性のジャーナリストってあまりされている方は少ないし、本当に美しい方だなあと自然に感じましたね。

出身大学など、職歴はどんな仕事をされてきたのかきになりました。

 

それでは伊藤詩織さんの経歴をまとめていきますね。

 

スポンサーリンク

伊藤詩織の出身や経歴は?卒業大学や現在の仕事と華麗なる職歴は?

 

・本名 伊藤詩織さん

・年齢 30歳

・出身 神奈川県

・仕事 ジャーナリストで世界を飛び回る

受賞歴も複数ありました。

世界を股にかけるジャーナリストとしてそれ以外にも女性の主張を発信したことで今注目の人物ですね。

 

以上の内容を詳しくまとめていきます。

 

伊藤詩織の経歴

名前 伊藤詩織(いとう しおり)
生年月日 1989年生まれ
年齢 30歳(投稿時点)
出身 神奈川県

 

現在30歳で何かと注目を集める、伊藤詩織さんの経歴をまとめていきますね。

 

伊藤詩織さんは、神奈川県で生まれて、現在は世界を飛び回る「ジャーナリスト」として活躍をしています。

実際に海外の現地に赴いて、自分自身でカメラを撮影しているフォトジャーナリストとして、海外へは何度もいかれているようですね。

 

その活動は、世界中で「ドキュメンタリー」として「オートバイレースに情熱を傾けるペルー軍の兵士に密着」したものや、孤独死など、人間の根本をたどるような作品が多いことで有名ですよね。

 

女性としてジャーナリストとして世界を歩き回ることは本当に勇気がいることですよね。

 

 

個人的には、渡部陽一さんと同じような職業という印象がありますが、伊藤詩織さんのジャーナリストとしてのジャンルは、結構幅広いようですね。

 

 

家族構成として、建築関係の父と専業主婦の母、妹、弟の4人家族です。

 

2014年に、ニューヨークで写真やジャーナリズムを学んで、Shiori名義でフリーのジャーナリスト活動を始めます。

SNSは、インスタ、Twitterなど公式サイトも運営していますね。

 

最近ではクラウドファンディングで資金を集めて、自信の活動に使用しているやり手の女性です。

 

その端整で美しい顔立ちで9歳のときにはモデルの経験もある方で、一人の女声としてとても精力的で魅力溢れる方ですね。

 

『受賞歴』

「2018年度ニューヨーク・フェスティヴァル」ドキュメンタリー部門銀賞、

カメラ担当の「Witness - Racing in Cocaine Valley」がスポーツ&レクリエーション部門銀賞を受賞

 

最終学歴はアメリカの大学?職歴は?

 

伊藤詩織さんは、その顔立ちを見るとハーフ顔でもしかしたら両親は海外のかたなのかな?と思ったのですが、日本人のご両親のようですね。

 

どうすれば才色兼備な人生を歩めるのか興味を持ったのですが、まずは卒業した大学などの情報を知ることで、その問題が解決すると思いました。

 

ただ、ジャーナリストとしてはメディアに最近注目を集めている方で、違う意味での注目の方が多いので、意外と経歴の情報は公開されていないのが実情ですね。

 

憶測の情報になってしまいますが、「日本大学文理学部社会学科」を卒業されているという情報がかなり有力なようでうね。

 

情報をたどると「後藤研究室というゼミ」のブログにたどり着きます。

このゼミでは、文章表現や、写真、社会学などのテーマで学生が研究しているので、ジャーナリズム目指す方には適当なばしょだとおもいます。

 

伊藤詩織さんはその後アメリカに留学経験もありますので、もしかしたら最終学歴はNYの大学ということも考えられますね。

詳しい大学名などは公表されていませんが、年代的にも留学したという情報は間違いではないように思いますね。

 

職歴としては、大学卒業からジャーナリストへの仕事を続けているようですね。

 

美しすぎるジャーナリストの仕事ぶりは?

ジャーナリストとしての伊藤詩織さんは、自分でカメラを背負い、世界中を飛び回る活発な女性ですよね。

 

意外と知られていないジャーナリストのその仕事内容とは、私達が普段耳にする世界情勢など、世界中の情勢や、世界の人たちの暮らしの状況などを現地で取材をして、写真を撮影している職業ということですよね。

 

どこでどんなことが起きて、その理由は?など各国の情勢などを詳しく知ることが出来るのは、伊藤詩織さんたちのような危険な地域などに取材に行ってくれている、ジャーナリストがいるから、家にいながら世界のことを知ることが出来るんですよね。

 

中には、紛争地域に入って、悲惨な状況を取材するジャーナリストがいるわけですが、それだけの危険な仕事を何故選んだのかは、私には理解できませんが、とても尊い仕事だと思いますね。

 

 

スポンサーリンク

伊藤詩織の年収は?

 

伊藤詩織さんに代表されるジャーナリストはどのくらいの年収をもらっているんでしょうか?

気になる部分ですのでお金のこともお伝えしていきますね。

 

ジャーナリストは平均200万~300万の年収だと言われています。

 

その仕事内容は、現地で取材をした原稿や写真などを出版社に販売することで成り立つ仕事です。

もちろんネタによっては高い値段がつくものもあるようですけど、ネットで取り扱うなど最近はメディアが複数存在しているので、売れない情報はないという現状でしょうね。

 

 

そういう意味では、ひとくくりにジャーナリストと言ってもその年収には大きく差があるようですね。

 

 

一般に、大新聞社、名のある出版社ほど、原稿料の金額は高いといえます。

 

最近は、インターネットのホームページやブログに記事を掲載するジャーナリストも増えていますが、インターネットの場合は、紙媒体に比べて、原稿料単価は安い傾向にあります。

 

 

追伸!強い女性がどんどん増える時代へ!

 

この記事では何かと話題の伊藤詩織さんの経歴についてまとめていきました。

伊藤さんは、神奈川出身で30歳です。

 

職業はジャーナリストで9歳の頃にはモデル経験もあります。

その美貌と、知的な職業に、かなり興味を持つ方も多いのではないでしょうか?

 

それにしても強い女性と情報を発信しやすくなることはとてもいいことですが、あまりにも情報が増えすぎているこの状況に正しい情報を選ぶ技術も必要になると感じますね。

 

スポンサーリンク

-社会

© 2020 気まぐれ情報屋 Powered by AFFINGER5