役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

テレビ番組 ドラマ

サザエさん実写版のヒトデ役は誰・桜田ひよりの子役時代の代表作は?

投稿日:

サザエさんの実写化で幻のヒトデ役の女優が可愛い

 

サザエさんといえば日本人として誰もが一度は見たことがあるレジェンド的なアニメとして有名ですよね。

日本人の代表と言っても言い過ぎではないこの日本の伝統のアニメが実写版としてまた登場します。

 

過去にも実写化はされていたのですが、今回の実写版は20年後のサザエさん一家を描くかなり興味深いストーリーになっています。

 

更に幻のキャラクターのタラちゃんの妹「ヒトデ」が登場します。

しかもヒトデ役の女優がかわいすぎますよね。

 

ヒトデ役の女優名やサザエさんの幻のキャラクターの8人目の情報をまとめていきますね。

 

スポンサーリンク

サザエさん実写版の放送日は?

 

 

実写版のサザエさんでしかも、20年後のサザエさん一家を実写版としてテレビドラマとして放送される日程は11月24日20時から放送されます。

 

過去にも実写化はされていましたが、20年後の未来のサザエさん一家を描くのは初めてではないでしょうか?

20年後の未来の設定ということでもちろん家族の一人ひとりが大人になって、カツオやワカメも就職をしています。

 

なんだか空想上のアニメですが、サザエさんという昔から見ているアニメですから親心の気持ちになってしまいますよね。

 

フジテレビ開局60周年の記念企画として放送されるサザエさんの実写版のキャストも合わせてまとめていきます。

 

サザエさんの20年後のあらすじ

 

登場人物が20歳年を重ねた設定で現代劇として放送されるサザエさんの実写版は、家族で食卓を囲む機会も減って、子どもたちが社会の厳しさに直面している様子を映し出すというチョット生々しい内容ですね。

 

サザエがそういう殺伐とした家族関係を昔のような笑顔あふれる雰囲気を取り戻すために奮闘する様子を描いているようですね。

 

20年後のサザエさん実写版のキャスト

サザエ  天海祐希

マスオ  西島秀俊

カツオ  濱田岳

わかめ  松岡茉優

タラオ  成田凌

波平   伊武雅刀

フネ   市毛良枝

 

以上のキャストで放送されるのですが、20歳年をとった様子を映し出すのですがみんな就職して当然ですがおとなになっています。

仕事もそれぞれしていて波平さんも定年退職をしたということでちょっぴり寂しさを感じますよね。

 

 

天海が44歳となったサザエを演じ、中間管理職として板挟みの会社員生活を送る夫マスオに西島秀俊が扮する。そして何かを夢見ては挫折を繰り返す31歳のカツオ役で濱田岳、アパレル関係のデザイナーとして働くも仕事に思い悩むワカメ役で松岡茉優、就職活動がなかなかうまくいかないタラオ役で成田凌が起用された。また定年退職を迎え家族との距離感に悩む波平を伊武雅刀、磯野家の人々を温かく見守るフネを市毛良枝が演じる。

 

大人になったサザエさん一家を見るのは楽しみですが、いちばん注目を集めているのはタラちゃんの妹役の「ヒトデ」です。

 

ヒトデちゃんはサザエとマスオの長女で二人目の子供という設定ですよね。

サザエさんにそんなキャラクターがいたの?と疑問に感じましたがその証拠は後々にまとめていきます。

 

まずはヒトデちゃん役の女優は誰なのかをまとめていきます。

 

ヒトデ役の女優は誰?

 

 

名前 桜田ひより
生年月日 2002年12月19日
年齢 16歳(2019年現在)
出身地 千葉県
身長 159 cm
職業 女優(元・子役)、モデル
ジャンル テレビドラマ・映画
事務所 研音

 

桜田ひよりさんは子役から活躍する女優さんでした。

代表作として「東京喰種」が有名です。

 

久しぶりに見る桜田ひよりさんはとっても大人っぽくなっていました。

可愛すぎますよね。

 

16歳という年齢ですが、大人の色気まで感じてしまいます。

 

当初は成田ひよりの名前でモデルを中心に活躍していましたが、小学4年生の時に、本来目指していた女優となるために現在の事務所のオーディションを受け、移籍。

子役としてドラマや映画に出演するようになると、2014年のドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)で演じた、天才ピアノ少女『ピア美』役で一気に注目を集めました。

 

スポンサーリンク

幻の8人目のキャラはいつ登場した?

 

20年後のサザエさんの実写版でタラちゃんの妹役として登場する、ヒトデを演じるのは「桜田ひより」という人気が急上昇中の女優さんでした。

 

現役の学生さんですから当然ですが学生服が本当に似合います。

 

 

ただ、ヒトデちゃんは本当に原作の中で登場したのか?

長年サザエさんを見ていても登場したことを見たことがない方のほうが多いのではないでしょうか?

 

そこでヒトデちゃんが登場したサザエさんの回を調べてみると、1954年に発刊された「漫画読本」の創刊号に掲載された一コマ漫画<サザエさん一家の未来予想図>に、たった一度だけ登場したキャラクターで、サザエとマスオの長女、そしてタラオが登場していたんですね。

 

その原画がこちらです。

今の作画とは全く違うテイストですが、なぜかこの作画のほうがしっくり来るのは私だけでしょうか?

 

 

桜田ひよりの実力は

 

ヒトデ役を演じる桜田ひよりさんの女優としての実力は、『明日、ママがいない』というドラマに出演した演技力を見るだけで樹分すぎるかと思います。

 

その後も多数の作品に出演している桜田ひよりさんは着実に大物女優の階段を登っていますよね。

それにしても幼い顔と演技力のギャップは凄い方ですよね。

 

 

まとめ

 

この記事では、サザエさんの実写版で20年後の未来を描く現代劇に登場するタラちゃんの妹役「ヒトデ」を演じる女優は誰なのかをまとめていきました。

ヒトデ役は桜田ひよりさんという、東京喰種などにも出演していた女優さんということがわかりました。

 

演技力も実力も女優として子役から活躍する桜田さんは、今後は大女優になりそうな印象を感じます。

今後が楽しみですね。

スポンサーリンク

-テレビ番組, ドラマ

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.