役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

社会 経済

吉野彰の経歴や卒業大学!ノーベル賞の賞金額や研究内容は何?

投稿日:

2019年のノーベル化学賞に日本人が受賞しました!

 

今年のノーベル賞の発表がついさっき行われて、日本人では9年ぶりとなる、ノーベル化学賞を受賞した、吉野彰さんが喜びの会見をされていました。

 

そこで、この記事では、吉野彰さんの経歴や、卒業大学と受賞した化学賞はどんなものだったのかをまとめていきます。

更に、ノーベル賞といえば気になるのは賞金額ですよね。

 

そちらの方も合わせてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

吉野彰さんの経歴

名前 吉野彰(よしのあきら)
生年月日 1948年1月30日
年齢 71歳(2019年現在)
出身 大阪府吹田市
研究分野 電気化学、二次電池
出身大学 京都大学工学部
主な業績 リチウムイオン電池の開発

 

2019年10月9日の午後18時頃に、会見を開かれた吉野彰さんはノーベル化学賞を受賞した喜びの声を話していました。

 

つい先程の会見でしたので、まだ詳しい本人の会見内容は聞かれていませんが、日本人として9年ぶりという快挙に日本中が湧きそうですよね。

 

研究内容として、携帯電話や、パソコンなど小型電化製品に使用される「リチウムイオン電池」の研究をされてきました。

世界的にもスマートフォンは小型化が進んでいますが、その大きな要因として、電池が小型化して長持ちしているということがあります。

 

つまり、昨今のリチウムイオン電池が市場に出回ることを見ると、吉野さんの研究結果は本当に役立つ研究だったということになりますよね。

また日本人が受賞したということで誇りに思います。

 

吉野明さんは現在71歳で西の名門「京都大学工学部」を卒業しています。

若くして才能あふれる人物であったことは言うまではないですが、今回のノーベル化学賞を受賞する以前に受賞している賞は多数あります。

 

一部ですが、吉野明さんが受賞した経歴をまとめていきます。

 

吉野明さんの受賞歴

チャールズ・スターク・ドレイパー賞 2014年

日本国際賞 2018年

欧州発名賞2019年

 

 

吉野明さんが受賞したリチウムイオン電池とは?

 

今回ノーベル科学賞を受賞した、吉野明さんが開発した「リチウムイオン乾電池」とは一体どういうものなのでしょうか?

それほどすごい商品だったのかを簡単に説明していきます。

 

リチウムイオン乾電池とは

リチウムイオン電池は、その名の通りリチウムを応用し物質を正極・負極に使用した電池です。

リチウムイオン電池は普通の缶電池(アルカリ電池やマンガン電池etc)や、

ダニエル電池・ボルタ電池などの一次電池と違い、二次電池である事が最大の特徴です。

一次電池については→「酸化還元反応の電気分野への応用」と

「ダニエル電池の仕組み」で解説しています。

 

専門用語が並べられてわけがわからないと思いますが、要するに「充電ができる」「小型で何度も使用できる」という利点を持った電池だということです。

 

今までの電池は一次電池と言われて、通常一回の仕様で使用することが出来ませんでした。

その後に開発された二次電池で繰り返し充電をして使用できるものになりました。

 

更に、その二次電池を飛躍的に軽量化して最小化したのがリチウムイオン電池と言われています。

 

その使用される場所は多岐にわたり、最近では宇宙に打ち上げられた「リュウグウ」にも使用されていることがわかっています。

 

私達の身近にある「スマートフォン」や「電気自動車」などにも使用されて私達にはなくてはならないものになっています。

 

その開発をした吉野明さんの功績はかなり大きいですよね。

 

本来であれば去年の2018年のノーベル賞を受賞はかなり濃厚だと言われていましたが、1年ずれて今年に受賞されたということは本当に嬉しいことでもあります。

 

スポンサーリンク

ノーベル賞の賞金額が凄い!

 

現在ノーベル賞は6つの賞があります。

 

物理学賞、化学賞、生理学・医学賞、文学賞、平和賞、経済学賞の以上です。

 

昨年は本庶佑さんがノーベル医学・生理学賞を受賞されて話題になりましたが、とても名誉ある賞ですが、もちろん名誉だけでなく賞金がもらえます。

 

そもそもノーベルという方が設立した賞なのですが、その遺言が人類のために貢献した方に遺産を分配するという内容でしたから今現在も続けられているようですね。

 

その遺産額はどのくらいあるのかは不明ですが、毎年相当な額を賞金として出しているので、相当な資産額と言えます。

 

現在のノーベル賞の受賞額はどのくらいの金額かと言うと、これは時代によって金額が変わってきていて、例えば2001年から2011年までは、一つの賞につき1,000万スウェーデン・クローナ(今のレートで約1億2,600万円)、2012年から2016年までは800万スウェーデン・クローナ(約1億円)でした。そして2017年からは900万スウェーデン・クローナ(約1億1,300万円となっています。

 

過去に受賞された方は、かなりの割合で自分の研究機関に寄付をするなど、今後の研究費用として役立てるようにしています。

本当に情熱のある方ばかりですよね。

 

研究内容は現在はどこに勤務?

 

吉野彰さんが現在勤務されている場所は「旭化成」という会社です。

会社の社員さんたちは今回の受賞を本当に喜んでいる姿がありました。

 

吉野さんは旭化成の名誉フェローという立場で活躍しています。

フェローとは特別研究員のことで、本当に名誉ある役職で自分が突き詰めたいことを研究しています。

 

71歳という年齢にもかかわらず、毎日日本の科学技術の進歩のために研究をされているということで、死ぬまで情熱を注げる物があるというのは本当に羨ましいことですよね。

 

まとめ

 

この記事では、「ノーベル化学賞」を受賞した吉野明さんの経歴やノーベル賞の賞金額などについてまとめていきました。

 

約1億円以上の賞金額と歴史に名前を刻む名誉を受賞した吉野明さんの功績は後世に語り継がれるものです。

この発表は日本人としても誇りに思います。

スポンサーリンク

-社会, 経済

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.