役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

生活

代替肉とは日本での普及やどこで買える?読み方や原材料と安全性は大丈夫?

投稿日:

日本に流通するお肉が変わりそうです。

 

代替肉という言葉を知っていますか?

最近よく聞く名前ですが、読み方として「代替肉(だいたいにく)」と読むそうです。

 

代替肉とは見た目は本物の肉に見えるし味わいをそれらしく感じるのですが、原材料や植物性のタンパク質を使用しているという、新しいカタチのお肉として流通が見込めます。

 

なぜ代替肉が徐々に流通が広まっているのか?その背景は理由についてまとめていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

代替肉とはどんな肉?

 

 

お肉に変わる食材として、最近良く耳にする「代替肉」というものに注目していきたいと思います。

 

今回注目した、代替肉とは植物性のタンパク質を使用した、お肉に変わる新しい形のお肉として最近ではアメリカやイギリス、ドイツなどを中心に流行の兆しを見せています。

 

この背景には、動物愛護の観点や、お肉を食べないと言われるビーガンやベジタリアンの人口の増加による世界的な問題に対策をしていることが今回の流行が始まっていると考えられます。

 

実際、環境保全や健康志向という考え方から見ても、植物性タンパク質を使用した今回の代替肉にすることで健康状態も改善されるというメリットも考えられるわけです。

 

見た目や、味もお肉と同じような感覚なのに、実際に使用されている材料は、お肉ではないということは、かなりコスト的にも、いい面が多そうですよね。

 

実際身の回りの販売されている商品を見てみると、ビーフジャーキーが大豆製品で作られている商品も販売されるくらいですから、この代替肉の需要もかなり大きいようですね。

 

味はちょっと好みではありませんが、価格も安く、おつまみにもお金をあまりかけられない方には嬉しい商品なのかもしれませんね。

 

日本の市場は普及しているのか?

 

今回の代替肉は日本の市場でどのくらい普及しているのでしょうか?

 

実際のところ、スーパーやコンビニなどで販売されている商品にも少しながら増え続けている傾向にあります。

 

ある記事には、お肉に似せて作られた焼売を大豆を使用した、商品として販売しているものがありました。

 

専門家の評価として味も見た目も、焼売に変わりが無いくらい、美味しい商品だと言われています。

ということは、今後は今回のように焼売やその他の商品にも植物性タンパク質を使用した、商品が日本の市場にたくさん出回る可能性が高いということですよね。

 

まだ現実的な商品家ではありませんが、ファストフードの大手のモスバーガーが代替肉でのハンバーガーの商品の構想もあるようです。

 

日本にどんどんこの代替肉が広まってくれることで、価格も安く抑えられて、動脈硬化や、健康被害も予防できるというメリットが沢山ありますよね。

 

スポンサーリンク

原材料や安全性は大丈夫?

 

代替肉が普及することによっての健康被害というのは大丈夫なんでしょうか?

実際代替肉という名前からするとあまり印象が良くないと思いますよね。

 

でも、大豆を使用しているということを聞くと、以外にもヘルシーに感じてしまうものですよね。

 

実際大豆や、植物性たんぱく質と言われる、お肉と同じような成分を持った材料を使用しているので、お肉よりも健康志向を求めている人にとっては、かなり安全性は高いと思いますね。

 

ただ、今後、問題になるのは、大豆製品で代替肉を使用した食品の美味しさの部分ですよね。

どうせ食べるならば美味しいものが良いですよね。

 

 

まとめ

 

この記事では、代替肉という最近よく聞く新しい食材についてまとめていきました。

 

お肉の代わりに植物性タンパク質を使用した商品の流通が広まることによって、健康志向やビーガンと呼ばれるお肉を一切食べない方向けの食品が多く販売されることになります。

 

見た目や味はお肉を食べているような食感などで、まるでお肉と変わりが無いのならば、安くてヘルシーな商品に取って代わることもそう遠くは無いのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

-生活

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.