役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

政治 生活

マイナンバーカードのポイント還元のメリットは?デメリットと自治体で買えるものは?

投稿日:

マイナンバーカードでポイントが還元!メリットは有るのか?

 

もうすぐ消費税が10%になることを受けて、国も消費が冷え込まないように対策を打ち出しています。

 

そのうち出した戦略とは、マイナンバーカードにポイント還元が付与されるというものです。

自治体で使用できる自治体ポイントを還元することによって、消費者のお金の流れを円滑にして、更にマイナンバーカードの促進にも当てようという国の策略です。

 

ただ、ポイント還元がどれほどお得なものなのか?

更にマイナンバーカードを作ることによるメリットは有るのか?

 

カード作成の労力に見合うようなメリットが有るのかどうかをまとめていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

マイナンバーカードがポイント還元になるとは

 

2019年の10月から、消費税が増税される予定となっていて、10%という税率になる可能性が高くなりました。

 

もうほとんど増税することは間違いない決定事項のようになっているのですが、それを裏付けるのが、国の消費の冷え込みの対策として、マイナンバーカードでポイント還元を付与するという政策を打ち出しているからです。

 

このような対策を考えているということは、確実に消費増税が決定的だということになりますよね。

 

実際、タバコや、食料品などの増税に対する値上げなどもニュースなどで取り上げられていますよね。

商品自体の値上げと更に消費増税というダブルパンチで消費者の財布の紐もかなり固くなることは必須ですよね。

 

そのための施策として国が乗り出している「マイナンバーカードにポイント還元」をつけたこの対策は一体どんなものなのでしょうか?

 

マイナンバーカードにポイントつくというのはどういう事?

 

消費者としては、今後増税になることで、無駄な出費は避けたいのが心理になります。

しかし、国としては、消費が落ち込むことで国の経済が回らないことで、悪循環になりかねないのです。

 

そこで、打ち出したのが消費増税に伴って、国がポイントを付与するという仕組みを作りました。

 

しかし、そのポイントを受け取るためには、「マイナンバーカードを作成する」ということが必須となっています。

 

未だにマイナンバーカードの普及率が低い状態に懸念している国としては、ぜひとも普及させたいという思いから、このポイント制を打ち出したと考えるのが自然ですよね。

 

そこで、マイナンバーカードを作成することと、ポイント還元がどれほどお得なのか?

メリットとデメリットをまとめていきますね。

 

マイナンバーカードのポイントのメリット・デメリットは

 

マイナンバーカードを作成して、ポイントが受けられるという仕組みを国が打ち出していますが、どれほどメリットが有るのでしょうか?

 

ざっくりとしたまとめですが、要点を書いていきます。

 

まず、マイナンバーカードを作ることのメリットは、かなり高いと言えます。

・転居など手続きがスムーズ

・公的な手続きが楽

・身分を証明できる

 

あらゆる公的な手続きがカード一枚でスムーズにできるというのはかなりのメリットと言えます。

実際、市役所などでの手続きはかなり面倒なものが多いので、カード一枚でできるのはかなり楽です。

 

ただ、今回のポイント還元がお得かといえば、そうでもないと感じました。

 

つまり、マイナンバーカードは作成しても良いのですが、ポイント還元はそれほどメリットを感じません。

 

その理由として、ポイントは自治体で使用することに特化しているために、本当に購入したい商品を買うためにはポイントは使用できないようです。

 

今後、商品券などの発行など使いやすさを考えてくれる可能性もあるのですが、現在のところでは、自治体ポイントは、自治体で購入できる商品に限られているようですので、かなり使い勝手が悪いですね。

 

更にマイナンバーカードを作成するデメリットは、個人の情報が流出してしまうと、自分の銀行口座や、自分のプライバシーな情報がすべて筒抜けになってしまうために、かなり不安を感じてしまうのがデメリットの理由です。

 

大手のGoogleやヤフーなどでも個人情報の流出があるのに、国のセキュリティーがそれよりも上回っているとは到底思えないわけですよね。

 

アメリカでは主流になっているマイナンバー制度ですが、日本では流出被害や、セキュリティーの弱さが目立つために、カード作成が遅れているということを国は知っているんでしょうか?

 

ポイントが付くからと喜んで作る人は少ないと思いますが・・・

 

スポンサーリンク

自治体で購入できる商品は?

 

今回消費増税に伴って、国が打ち出した戦略として自治体で使用できるポイントをマイナンバーカードを作った人に対して還元するということを話していました。

 

しかし、自治体で使用できるポイントを付与されても、肝心の自治体で使用できる場所がない自治体もあります。

 

現在100の自治体ほどしか、自治体ポイントを使用できないようですので、せっかく作ったマイナンバーカードでポイントを貰っても、使う場所が無いという減少が起こる可能性が高いです。

 

かなり矛盾を感じる政策ですが、今現在では、企業が展開している〇〇Payの方が消費者にとってメリットが大きいサービスだと思います。

 

まとめ

 

この記事ではマイナンバーカードにポイントが付与されることでメリットはどのくらいあるのか?

についてまとめていきました。

 

実際マイナンバーカードを作ることでのメリットは、公的手続きの簡略化など多くメリットを感じると思います。

ただ、セキュリティーの問題があるので、今回のポイント付与でどれだけの人が関心を持つのかは未知数です。

 

しかも、ポイントを貰っても使用できる自治体が限られているという現実に、あまり今回の施策は流通しない可能性が高いですよね。

 

個人的にもあまりメリットを感じませんでした。

スポンサーリンク

-政治, 生活

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.