エンタメ

青木良太(陶芸家)の経歴と年収は?離婚歴や元嫁は誰で作品の値段はいくら?

元タカラジェンスがイケメン陶芸家と結婚です。

 

2019年8月16日に元宝塚女優のRiRiKaさんと陶芸家の青木良太さんがご結婚の報告をインスタでしていました。

 

宝塚の女優さんもかなりの認知度があるようですが、今回は相手側の男性で青木良太さんについてまとめていきたいと思います。

 

陶芸家として活躍する青木さんの経歴や、陶芸家として過去にテレビ番組にも出演していた過去がありますので、陶芸作品の値段や、アトリエはどこにあるのかをまとめていきたいと思います。

 

しかも青木さんは離婚経験があるということで、お子さんなどはいるのか?そのへんの情報を合わせてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

青木良太の経歴

 

 

名前 青木良太(あおきりょうた)
出身 富山県
生年月日 1978年3月
年齢 41歳

 

今どきのイケメン男子と言う印象が強い青木良太さんは、現在陶芸家として活躍する世界にもファンが多い人気のアーティストです。

 

ターバンとピアスという今までの陶芸家のイメージとはかなりかけ離れる出で立ちで、アトリエではラップミュージックを爆音で鳴らしながら、陶芸作品を制作するという今どきの方です。

 

2019年8月16日に元宝塚のRiRiKaさんと結婚をしたことで、名前の知名度もかなり上る可能性が高いですよね。

 

2002年から自分のアトリエを開き本格的に陶芸活動をスタートさせています。

 

作品は美濃焼を軸にした、光り輝く色使いで独特な作品が多く、世界的な賞も受賞されている経歴の持ち主です。

 

現在では全国で個展を開くなど世界中に青木さんの作品のファンが居るほどの新進気鋭の陶芸家として有名です。

 

青木さんの作品は独特な色の風合いがあり、王様のグラスを陶芸で制作するなど、その作品には独特の感性を感じます。

 

 

 

 

RiRiKaとの出会いと結婚が早すぎる!

 

青木良太さんとRiRiKaさんとの出会いのきっかけは、昨年11月、台湾の鳥鍋店で一緒になってことがきっかけだと言われています。

 

今年の7月には青木さんの工房を訪ねたり、合う回数が増えていき真剣交際に発展したそうです。

 

出会いのきっかけというのは誰でもあると思いますが、真剣交際に発展してから、結婚まではわずか1ヶ月ぐらいしか期間が無いということで、スピード婚と言われますよね。

 

現在は相手女性の妊娠などの報告も無いそうです。

 

スポンサーリンク

実は離婚歴がある青木良太の元嫁は誰?

 

青木良太さんは今回の元タカラジェンヌとの結婚で、明らかになった事実として既婚歴がありました。

 

更にその相手女性とは離婚をされています。

 

相手女性にはお子さんがいたという事実は確認できませんので、バツイチということになります。

 

ただ、相手女性の情報を調べてみても実名は公表されていませんでしたので一般女性との結婚ということになります。

 

イケメンで新進気鋭の陶芸家ということもあり、女性の話題は事欠かないのかもしれませんよね。

 

 

情熱大陸にも出演したその作品の値段は?

 

青木良太さんは2009年に情熱大陸というドキュメント番組に出演経験があります。

 

当時31歳の年齢での出演で、青木さんが作る陶芸作品も話題になったようです。

 

その作品は美濃焼を基本とした、とても輝きの強い色を使用した独特な風合いがある作品です。

 

世界中にファンがいるという青木さんの作品はどのくらいの値段がするのでしょうか?

 

公式サイトを見てみるとその値段設定はピンきりと言えますね、「箸置き」に関しては、2000円台の商品もあれば、3万円もする箸置きもあります。

 

世間一般的に見てみると青木さんの作品はそれほど目が飛び出るほど高い商品は販売されていないようです。

 

高い商品でも20万円ほどの作品が多いですね。

 

まとめ

 

この記事では、最近スピード結婚をされた青木良太さんという陶芸家についてまとめていきました。

 

現在、岐阜県にあるアトリエで制作活動をされている青木さんは2002年頃から陶芸活動をされていて、奥さんも岐阜県に結婚後は済むようですね。

 

青木さんは過去に離婚経験もあり、一般女性との結婚歴もあります。

陶芸家としては世界中にファンがいるほどの人気の作品を制作しています。

 

値段もそれほど高くなく、お手頃な商品もありましたが、その作品は独特でファンがいることは理解できますね。

スポンサーリンク

-エンタメ

© 2020 やくだつ情報屋 Powered by AFFINGER5