役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

生活

青森県2019の夏がなぜ暑い原因?猛暑はいつまで続くのか冷夏は嘘だった?

投稿日:

青森県と東京の気温が同じくらいです。

 

2019年夏の青森県はかなり暑いです。

 

7月上旬はかなり涼しい、というか寒いくらいの日が続いていましたが、7月下旬になる頃本格的な夏が来てしまいました。

 

しかし、今年2019年の夏は異常な程の連日の暑さではっきりいってしんどすぎて、食欲も低下しています。

 

青森県のこの異常な暑さは一体いつまで続くのか?

更にこの暑さの大きな原因は一体何なのか?

 

青森県の過去の気温と比較してこの夏の暑さを乗り切るための考え方をまとめていきますね。

 

スポンサーリンク

青森県がなぜこれほど暑いのか?

 

日本の最高気温が日々更新されているニュースを見ていると、本当に疲れてきて、一体いつまでこの暑さは続くのか?

そればかりを気にしている今日このごろです。

 

8月に入り、梅雨が開けてからはものすごい暑さが続いていますよね。

 

朝の8時時点で30℃を超える気温になっているのには正直びっくりを通り越して、仕事を休みたいという衝動を抑えるのに必死の方も多いはずです。

 

青森県がなぜこれほどまでに暑くなってしまったのかは、原因があるみたいです。

 

世界的にも熱波に覆われているその原因とは「ダブル高気圧」です。

 

ダブル高気圧とは、その言葉通り2つの高気圧が発生しているという意味です。

 

日本列島をすっぽりと覆うほどの高気圧がこの暑さの原因ですが、今年はもう一つの高気圧がチベット側から来ているようで、2つの高気圧が重なり合っている状態です。

 

高度が違う高気圧が重なり合っていることで、熱が逃げずにこもり続けているという状態でこのような暑さが発生しているようですが、いつまでこの高気圧は居座っているのでしょうか?

 

高気圧はいつまで居座る?

 

このダブル高気圧の影響で日本列島が軒並み35℃を超える猛暑日になっています。

 

日本で一番の最高気温は埼玉県熊谷市で先日41,1℃を更新しています。

 

この暑さは過去に例が無いくらいの暑さで、主な原因として2つの高気圧が理由ですが、いつまでこの高気圧は居座るのでしょうか?

 

高気圧が発生する原因として、地表温度が温められて、発生する気流が高気圧だと言われていますが、西側の諸国の暑さが日本側に流れてくるのが高気圧を停滞させている原因です。

 

人間の力で高気圧を移動させることはできませんので、このまま8月下旬くらいまで耐えるしか無いようです。

 

クーラーの購入を検討される方も多いかもしれませんが、時期をずらすと安く購入できますので、お金をかけたくない方は、もう少し15日ほど我慢が必要ですよね。

 

猛暑はいつまで続く?お盆それとも9月

 

今年の夏の暑さは異常ですが、その異常さは夜に顕著に見られます。

 

通年の青森では夜間は涼しいという常識が今やなくなっています。

 

夜に25℃を超える気温の状態を熱帯夜といいますが、東京都心では30℃以下に下がらない夜もあるそうです。

最近では熱帯夜より暑い夜として「地獄夜」と表現されているようですが、本当に地獄の暑さですよね。

 

青森でも連日の猛暑日で夜も気温が下がらず、外気温と室内の温度が変わらない熱帯夜がある地域もあります。

日中の暑さは仕方がないとして、夜くらいは涼やかに眠りたいものです。

 

この暑さはいつまで続くのか?

平均として8月下旬ごろまでは、この暑さは続くと言われていますが、よると朝はお盆をすぎる頃には徐々に涼しくなると予想されています。

 

今年は突発的な暑さが5月にも見られたため、9月も数日間は突発的な暑さがあると予想されていますので、まだまだ気が抜けない気象現象にしばらくは苦しめられるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

冷夏は嘘か?9月も暑くなる可能性は?

 

実際今年2019年は全国的に冷夏と予想されていました。

 

蓋を開けてみると7月上旬は肌寒い日が続きましたが、それも7月後半になると、異常な暑さが続いています。

 

1,2日の気温上昇はなんとか我慢ができるのですが、10日以上の連続の真夏日になるとかなりしんどいですよね。

 

実際冷夏という予想はあたってはいるのですが、これほどの暑さが連日続くことは予想されていませんでしたので、天気予報の精度は今後ももっと上げてほしいものです。

 

 

まとめ

 

この記事では、青森県の夏がなぜこれほどまでに暑いのか?その原因といつまで続くのかという内容でまとめていきました。

 

暑さが和らぐのは平均だと8月後半くらいですから約1ヶ月ほどはまだまだ暑いことが予想されます。

 

暑さの原因として「ダブル高気圧」と呼ばれる2つの高気圧がすっぽりと日本列島を多い、それが原因で、暑さがこもっていると言われています。

 

さらに、今年の夏の暑さは突発的な気温上昇がありますのでまだまだ油断できませんね。

 

まだまだ暑いですが、この暑さを楽しめる心が精神的にも楽になる考え方だと思います。

 

スポンサーリンク

-生活

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.