未分類

ホワイト国とはわかりやすく簡単に説明!国名や別名と意味は日本への影響はどうなる?

ホワイト国って最近騒がれています。

 

最近の政治・経済の話題として「ホワイト国」という言葉が異常に使われていますよね。

 

一体ホワイト国とはどういう意味なんでしょうか?

更に、韓国が日本のホワイト国除外をされることで日本に起こる影響はどういったものが考えられるのかも合わせて紹介していきたいと思います。

 

この記事では「ホワイト国」という言葉の意味や、関連する言葉を簡単にわかりやすく解説していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

ホワイト国とはどういう意味?

 

 

日本が韓国に対して除外をしているホワイト国というのは一体どういう意味なのかをまず説明していきます。

 

 

ホワイトという意味は単純に訳すると「白」ですよね。

 

ホワイトと言う意味は潔白や、嘘がない、クリアななどの意味合いを持っています。

 

つまり、ホワイト国というのは貿易や、経済に関連した通称のような言葉になっています。

 

今回多用されている「ホワイト国除外」という意味は、韓国から輸出するものに規制を厳しくしますよ、という意味なんですね。

 

信頼がおける国との貿易は流通を簡略化するために、「ホワイト国」に認定をしています。

しかし、今回韓国からの輸出における疑念があるために、しばらく続いていたホワイト国を除外しました。

 

要するに「韓国をちょっと信頼できない」という意味にも捉えられますよね。

 

例えば、兵器を作るために利用されるものを輸出する可能性もありますが、使い方によっては世の中のために正しい使い方をすることで全く違う商品になるわけですよね。

 

ホワイト国とは、「大量破壊兵器にも利用することができる物だけれど、正しい使い方をしてくれると信頼して輸出をするよ」と信じた国です。

 

韓国をホワイト国から除外した理由は

 

2004年に韓国は日本はホワイト国に指定しています。

 

しかし、なぜ今年になって韓国へのホワイト国除外と決まったのか?その経緯としては考えられることは、韓国がつながっている諸外国の動きが不穏な国があるということです。

 

現在ホワイト国になっている国は27カ国と言われています

 

ホワイト国から除外されることによって、日本から韓国への輸出優遇が行われなくなり、ホワイト国からの除外が行われれば工作機械や電子部品など優遇措置を受けられない対象が1,000種類以上に増えると言われています。

 

つまり、韓国側は日本に輸出することが大変困難な手続きを強いられることになり、間接的な経済制裁を与えることになるわけです。

 

なぜ、韓国をホワイト国から除外したのかその理由は大きく分けて2つ考えられます。

 

韓国をホワイト国から除外した理由

・慰安婦問題や、徴用工問題など、韓国政府の対応に対しての日本側の返答という意味合い

・韓国の友好関係国の情勢

 

韓国と日本の歴史を振り返ると、韓国側は日本から受けた辱めという部分を特に気にしている文化でもあります。

深い部分は理解することはできませんし、韓国側はどういう理由で日本に対しての考えがあるのかは、計り知れない部分があります。

 

しかし、日本側としてみると、数々の日本に対する非難や、解決が難しい問題を考えると、経済制裁という手段を取ったのでは無いかと考えられます。

 

もう一つの理由としては、韓国が友好関係を築いている国が関係していると言われています。

 

日本の製品が韓国に輸出することで、当然、韓国との友好関係が強い国への流出も考えられます。

 

イランや北朝鮮の国々が韓国との友好関係がある国ですが、それらの国へもし、兵器などの部品として使用されることになれば、あまりよろしくない結果を招くことになります。

 

そういった意味でも、韓国はホワイト国を除外しようという結果になりました。

 

 

日本がホワイト国に決めているの国名は?

 

 

日本が韓国に対してホワイト国を除外することでなぜ韓国側は怒り心頭になっているのかというと、貿易の手続きがかなり面倒になるということももちろんあるのですが、大きな問題として韓国は怒っています。

 

それは、ホワイト国という言葉の意味に大きく関係しているのですが、ホワイト国として認めている国は、安全で信頼ができる国と言う意味を含んでいます。

 

少し表現を変えると韓国は信頼できないという意味合いを世界中に示してしまったということにもなりかねませんよね。

 

現在日本が認めているホワイト国は以下の27カ国があります。

🇦🇹オーストリア 🇧🇪ベルギー 🇧🇬ブルガリア
🇨🇿チェコ 🇩🇰デンマーク 🇫🇮フィンランド
🇫🇷フランス 🇩🇪ドイツ 🇬🇷ギリシャ
🇭🇺ハンガリー 🇮🇪アイルランド 🇮🇹イタリア
🇬🇧イギリス 🇳🇱オランダ 🇳🇴ノルウェー
🇵🇱ポーランド 🇵🇹ポルトガル 🇪🇸スペイン
🇸🇪スウェーデン 🇨🇭スイス ルクセンブルク
南北アメリカ
🇺🇸アメリカ合衆国 🇨🇦カナダ 🇦🇷アルゼンチン
アジア・オセアニア
🇰🇷韓国(除外予定) 🇦🇺オーストラリア 🇳🇿ニュージーランド

 

アメリカ合衆国も日本が決めているホワイト国に認定しています。

 

諸外国から見ると、韓国は日本がホワイト国を除外した国と言うレッテルを貼られて、次々にホワイト国を除外する他の国も出る可能性も否定できません。

 

韓国との貿易が日本へ影響することは?

 

今回の日本の閣議決定を受けて韓国側のホワイト国除外を検討していました。

 

今後日本が影響することは、書類が増えるという点以外にはあまり思い浮かびません。

 

非ホワイト国となってしまっても別に輸出ができなくなったわけではありません、ただ手続きがちょっとだけ面倒になってしまうことと、もしかしたら輸入できない商品も増えてしまう可能性もあるというくらいです。

 

ただ、日本は輸入大国でもあるので、今後日本で流通する商品が少なくなる可能性も否定できないのですが、あまりにもものが溢れている現代ですので、そのへんは我慢することで解決しそうです。

 

一番の問題は、韓国側が今後どのような解決策を示していくのか?その返答を日本はどうしていくのか?

隣国との情勢が不透明になってきました。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

この記事では日本が韓国に対してホワイト国除外をしたことで多用されている「ホワイト国」の意味や、なぜ韓国を除外した理由についてまとめていきました。

 

一種の経済制裁のように見えますが、今後の日韓の関係性がわからなくなるような閣議決定に韓国側からはすでに否定的な言葉が沢山発せられています。

 

日本としては、素晴らしい商品を他国に引用されないようにするための措置だったとしても韓国はそのように捉えられないので、貿易や政治というのは本当に難しい問題ですよね。

 

今後世界情勢がどのように変化していくのかを見守るしか無いかもしれませんね。

スポンサーリンク

-未分類

© 2022 やくだつ情報屋 Powered by AFFINGER5