役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

生活

ミートダイエットの効果とやり方は?体験談付きの成功例4キロ減方法

2019年1月20日

ダイエットの種類ややり方は星の数ほどありますが一つの食品のみを食べ続けるダイエットは一時期かなり流行しました。

 

「朝バナナダイエット」

「リンゴダイエット」

 

などは、その最たる例なのですが、本当に効果のあるダイエット方法かといえば眉唾ものの情報が多かったのですね。

本当に効果のあるダイエットはどういう方法があるのかを検証するために私自身が最近知ったダイエット法を実践してみました。

 

そのダイエット方法とは「ミートダイエット」というものです。

要するに肉だけを食べ続けるダイエットということになるのですがこのダイエットを続けることでどれくらい痩せられるのかを検証してみました。

 

スポンサーリンク

ミートダイエットってなに?

ミートダイエットとは要するに肉だけを主食として食べ続けるダイエットのことを言います。

 

お肉だけを食べるダイエット

いろいろな諸説がありますが、私が言うミートダイエットとは主に「動物性のタンパク質のみを摂取する」というやり方で統一してください。

 

ミートダイエットが日本にやってきた経緯としてアメリカのダイエット方法が日本に流れてきたということになります。

 

外国ではビーフが流通しているので本場アメリカでは牛のお肉を使うことがメインになっているそうです。

 

海外はお肉が安く手に入りますし、欧米は肉食文化ですから肉だけを食べることに抵抗がないし経済面でもそれほど普段にならないということで海外ではミートダイエットという名前はないですけど肉だけを食べることで痩せたという事例があったので個人的にこのミートダイエットを検証してみました。

 

肉だけ食べるだけダイエットのやり方とは

 

今回ミートダイエットを実践したのですがミートダイエットをやった期間は約3週間です。

 

ミートダイエットで取り入れた食肉の種類

  • 牛肉
  • 豚肉
  • 鶏肉
  • 羊の肉
  • 加工肉(ソーセージやハムなど)

 

以上の4つのお肉を食べさせていただきました。

 

ダイエットのビフォーアフター

ミートダイエットをやる前とやった後

やる前  90キロ

やった後 86キロ

合計で4キロのダイエットに成功

 

ダイエットを始める前の体重は90キロです。

3週間のミートダイエットで結果として4キロ減の86キロまで体重を落とすことに成功しました。

 

1日の食事回数は?

1日の食事の回数は3回のときもあれば2回の時もあり毎日三食を食べているわけではありません。

 

調理方法は?

調理方法としては「焼く」「蒸す」「茹でる」などの調理方法をしています。

調味料は自由ですが私はあっさりとした味付けが好きなので塩や醤油、味噌と行ったシンプルな調味料しか使用しませんでした。

 

使用したお肉の部位としてはかなり自由ですときには「ステーキ肉」であったり「細切れ」「ひき肉」「スライス肉」という具合にお肉の部位は様々でした。

 

 

基本的にお肉のみの食事ですが、ひき肉や細切れ肉の時のレシピとしてたまに野菜を少しだけ入れてスープにして飲んでいました。

 

 

1日に食べるお肉の量は?

お肉の分量としては1食で200g~500gほどのお肉を食べていましたので1日平均だと500g~1kgのお肉を食べていました。

 

 

実際のとある日のレシピ

 

鶏肉の胸肉蒸し

材料     鶏肉 胸肉 200g

料理方法   蒸し器で蒸すだけ

調味料    クリスタル岩塩を1グラムほど

 

調理法は簡単ですし味付けも塩だけですがかなり美味しいです。

鶏肉は他のお肉と比べてあっさりとしていてヘルシーに感じます。

 

細切れ牛の塩コショウ炒め

材料     細切れ牛  200g

料理方法   フライパンで塩コショウで炒める

調味料    焼肉のタレ、にんにく、バター

 

お好みの調味料で炒めて、焼き肉感覚でかなりワイルドな料理に仕上がります。

牛肉は成長ホルモンが含まれているのであまり食卓には登場しないようにしました。

 

 

豚肉のスライスしゃぶしゃぶ

材料 豚肉スライス  300g

調理法 たっぷりのお湯にくぐらすだけ

調味料 ポン酢

 

しゃぶしゃぶは簡単で手軽に食べられる料理として頻繁に食べていました。

ポン酢は定番の調味料でしたが後半はしゃぶしゃぶしたお肉をお味噌と合えるなどして食べていましたが個人的におすすめの調味料は醤油をかけて食べるだけのシンプルな調味料でした。

 

 

以上のようにあまり料理のバリエーションがありませんでしたし蒸し料理が基本的に多かったです。

ステーキ肉は値段が高かったので週に2回のディナーでワインと一緒に食していました。

 

主に多く食べたのは鳥の胸肉と豚のしゃぶしゃぶ肉でした。

 

 

スポンサーリンク

肉だけ食べるダイエット効果とデメリット

3週間ミートダイエットをしてみて感じたことは最初はお肉だけを食べられるということでかなり嬉しかったのですが、どういう食材であっても飽きが来るという問題がありました。

 

動物さんの命を食べておきながら本当に申し訳ないと思ってはいましたがどうしてもお肉だけを食べるという一辺倒の食事はかなり精神的にきついものがありましたし、何よりも食事代がかなり必要になるということがわかります。

 

お肉は脂肪燃焼効果がある

動物性蛋白質の効果

動物性蛋白質はそれだけで体の脂肪を燃やす燃焼効果が高いのでエネルギーとしては最高のものだと思いますし、実際に1週間後には3キロほど痩せていました。

 

結果として3週間で4キロ痩せていましたが半年ほど続けていれば10キロ以上の減量に成功したのかもしれないと思うのですが多分痩せる以前に精神的に参ってしまうので継続は難しいですね。

 

ミートダイエットのデメリットとは?

 

ミートダイエットは即効性のあるダイエット法だと実感しているのですが、それゆえに問題点がたくさんあります。

 

何よりも基本的に日本人の食生活に合わないということが言えます。

日本人はもともと農耕民族であり、海外の主食であるお肉を食べるということは体の機能的に不利な事が多いのです。

 

アメリカ人は昔から食肉を食べて生活をしていましたので日本人の腸よりも短く消化が早くできるようになっています。

 

しかし日本人は穀物や野菜などを食べている文化がありましたので腸が長く消化に時間がかかるという体質がありますので食肉文化は基本的に体質的に合わないということが言えます。

 

近年肥満者が増大している背景にはそのような食事の欧米化が問題だということがピッタリ当てはまるのですが実際にミートダイエットを経験してみて本当に肉食の食事は日本人には合わないということが実感できました。

 

3週間ほどミートダイエットを実践してみて4キロ痩せることができたというメリットがありますがその反面大きすぎるデメリットが有りました。

 

ミートダイエットのデメリット

  • 体臭が気になる
  • 胸焼けがすごくて食欲が減る
  • お肉だけだと精神的に辛い
  • お米が食べたくなる
  • イライラする
  • 楽しいのは最初の3日だけ

 

以上のように数え上げるとキリがないくらいデメリットが多くありました。

 

1番のデメリットは何?

一番つらかったのは「胸焼け」です。

冒頭でもお伝えしたのですが、1日の食事量が2回もしくは3回と少ないときでは1回しか食事を取らない日がありましたが、その理由として胸焼けがきつくて食事をしたくないというどう仕様もない理由で食事回数が減ってしまったのが理由でした。

 

本来ならば毎食食べるのが検証として理想的なのですがどうしても無理でした。

 

 

体臭が気になります

さらに仕事柄人と接する職業の方はこのダイエットに不向きだと言えます。

体臭がちょっときつくなりますし、おならもこの世のものとは思えないほど臭いものが出てしまいます。

 

自分では分かりづらいのですがお肉だけの食事は体臭が動物臭く獣臭がきつくなります。

欧米人は体臭がきついというのはその理由があるのかと思います。

 

ミートダイエットに変わるダイエット法

 

ミートダイエットは即効性がありダイエット効果があるという立証ができたのですがそれゆえにデメリットが多く、長期的に継続することが困難なダイエット方法だということもわかりました。

 

これからミートダイエットに挑戦したいと検討している人は私の体験談を読んで多分やりたくないと感じるかもしれませんね。

 

ただミートダイエットができなくても変わりにもっと効果的なダイエット方法があるので安心してください。

 

今回紹介したミートダイエットは要するに「タンパク質」ダイエットということになります。

 

タンパク質は体の即効性のエネルギー源となるためにダイエットにはタンパク質が不可欠だと言われています。

 

良質なタンパク質は体を作る

もちろんタンパク質のみだと体の栄養素が不足してしまうのでタンパク質以外のミネラルやビタミンももちろん必要なのは確かな事実ですが、基本となるのはタンパク質という栄養素が体の燃焼効果を高めてくれるということがあります。

 

 

 

さらに、ダイエットの基本的なルールは「規則正しい食生活」と「規則ただし生活習慣」が効果を2倍にも3倍にもしてくれるという大前提を基本として持ってください。

 

 

ダイエットの基本事項

・起床時間と就寝時間が決まっている

・毎食同じ時間に食事をする

・間食は控える

・嗜好品(お酒やお菓子)などを控える

 

 

ということは何よりもダイエット効果を高めてくれる秘訣となります。

その上で良質なタンパク質を摂取することでダイエット効果を高めてくれるということを理解してくださいね。

 

日本人に適した良質なタンパク質

 

 

前置きが長くなってしまいましたが日本人は肉食が体の体質上適していないということは先程の説明でもわかると思います。

 

日本人と欧米人の腸の長さ

欧米人は肉食文化のため腸が短くなっています。

日本人は農耕民族でしたので腸がその分長くなっています。

 

日本人はミートダイエットが手にしていないということでダイエット方法が無いのではとそう思いがちですが、日本には動物性蛋白質よりも優れた植物性蛋白質を摂取する文化が長くあります。

 

さらに発酵食品という素晴らしい文化も持っています。

 

日本の伝統的な食文化

・納豆

・豆腐

・味噌

・ぬか漬け

 

 

など植物性蛋白質をベースとした素晴らしい良質なタンパク質を摂取できる食文化があることを知ってください。

 

ぬか漬けやお味噌汁などで良質なタンパク質を毎日とることでそれだけでかなり体にいい食事を撮ることができますし、体の脂肪を燃焼することができるタンパク質以外のミネラルや栄養素を摂取することができるのです。

 

 

大豆は「畑のお肉」と言われるくらい日本では昔から重宝されてきた食材でもありますのでぜひ食べていきたい食事です。

 

生活習慣を整えるだけでダイエットが成功した事例

 

最後になりますが、ミートダイエットを実践してかなりストレスで体調不良になりましたが結果として4キロのダイエットの成功したのですがその副作用が強すぎてミートダイエットはおすすめできるダイエット方法ではありません。

 

日本人なら日本人に適した植物性のタンパク質をとるダイエット方法が適しているということがわかりましたので結果としてそのことに気づくことができたので無駄ではないのかなと思います。

 

 

ですが、あまり神経質に〇〇ダイエットということを意識しなくても毎日の生活習慣を整えるだけで簡単に自然に無理なくダイエットができてしまうということも今回の検証でわかりました。

 

大事なのは「規則正しい生活」という一見地味で誰でも知っているような基本的なことがダイエットに間接的に結びついているのかなと思います。

 

不規則は悪い事だらけ

その理由として、私が一時期「無職」で家でずっと寝転がっていて完全に夜型の生活で食事を摂取する時間帯も不規則な生活を1ヶ月ほど体験したことがあります。

 

特に運動をするわけでもなく、ただスマホゲームをするか映画を見るかという行動範囲でトイレと食事とお風呂以外は体を動かした記憶がありませんでした。

 

そのような生活を1ヶ月間続けると人は筋肉量が落ちて、やる気を失い「鬱のような症状」が出てくるのです。

 

コレはまずいと思って就職活動をして肉体労働を1ヶ月ほど続けたある日ふと体重計に乗った時に5キロも痩せていたので正直痩せようと思ったときよりもダイエット効果があったと実感したのを覚えています。

 

その時の生活習慣を思い出してみると以下のようなことが思いつきます。

 

この基本的なことを守るだけで自然にダイエットに成功してしまうと感じています。

 

自然にダイエットが成功してしまう生活習慣

  • 決まった時間に起床、就寝をしていた
  • 決められた時間に食事をしていた
  • お酒や間食は週末だけ
  • 仕事では汗をかいて適度な運動

 

振り返ると以上のような生活習慣と実感が気づきました。

 

同じことを繰り返すということに本当に勝ちがあるのだと言うことがわかったときでもありますし、不規則な生活は身を滅ぼすということも同時に理解できたのですが、人間は楽な方に行くのが本能のような気がします。

 

私もまた無職の状態になったら同じようにまた肥満の体型に戻ってしまうのではという不安もあるのが事実です。

 

ちょっと考え方を変えて仕事は運動と頭の活性化に一役買っていると思って毎日のしごとを楽しめるように慣れれば、きついと感じていることでも意外とできてしまうこともありますので最終的には考え方を変えるというのが間接的にダイエット効果を高めるために必要な考え方だという事がわかります。

 

まとめ

 

今回はミートダイットという肉だけを食べるダイエット方法の検証をしてきました。

 

結果としてミートダイエットは日本人に内蔵に適していないということがわかりましたし、日本人に適した植物性蛋白質が以下に優れているということも今回の件でわかることに繋がりました。

 

そして最終的には生活習慣を変えていくことが間接的にはダイエット効果を高めて病気などの副産物を減らすことができるということで、なんとなく健康でスリムになるためには「正しい生活習慣」を身につけるということがダイエットの答えのように思えます。

 

 

生活習慣を整えるために守るべきこと、自然にダイエットができてしまうルール

 

・起床、就寝時間を毎日決められた時間にする

・同じ時間に食事をたべる

・嗜好品などは極力控える(週末に飲み会、甘い物と決める)

・仕事は運動になるし頭の体操や気分転換になる

 

以上のことを意識するだけでも生活習慣病を予防したり、おまけで体重が痩せることができる言う嬉しい特典までついてくるのですからやらない手はないですよね。

 

私と一緒にダイエットをして人生を変えてみましょう。

 

スポンサーリンク

-生活

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.