エンタメ

西野亮廣の現在の仕事!年収と会社名は、寄付金額と美術館はいつ

お笑い芸人のコンビのキングコングのツッコミ担当の西野亮廣さんの最近の仕事が多岐に渡っていて「えんとつ町のプペル」や自身が手がけた絵画が1000万円で販売されたなどお笑い芸人としての活動よりも起業家としての活動のほうが目立っている最近の行動を見ていて、一体どのくらい年収があるのだろうか?

 

そのような疑問とどうしたら西野亮廣さんのように精力的な行動が出来るように成れるのか気になりました。

 

そこで現在の西野亮廣さんの活動内容や年収など今後の活動についてしらべてみたことを話していきます。

 

スポンサーリンク

西野亮廣さんの現在の仕事がやばすぎる

最近ではお笑い芸人としての仕事よりも執筆活動や起業家活動が主な活動内容になっているようです。

その中でも世間の注目を集めているいる活動として出資者を募って自身が制作した絵本を作るという活動でしょうか

 

西野さんの大きな仕事

「えんとつ町のプペル」という絵本を制作するためにクラウドファンディングを使って出資を募り貧しい環境の子どもたちに絵本をプレゼントしたいという活動を支援してくれる人が大勢現れ、見事に絵本を完成させたというニュースは経済界やビジネスマンに衝撃を与えました。

 

芸人として活動していた西野亮廣がこのような活動をしたのには昔からこのような活動をしたいという思いがあったからなのかもしれませんね、この絵本の構想は4年ほど前から計画されていたことでもあって、急に思いついた考えではなさそうです。

 

それにしてもクラウドファンディングの目標金額が1800万円だったのに対して実際に集まった金額が約5000万円近い金額が集まったということでかなりの影響力と大義名分が無ければなし得ないことだと思います。

 

引くほど稼いでいるってホント?

 

芸能人として活動していたら普通に収入を稼ぐことが出来たのに安定を脱ぎ捨てて起業家の道へと踏み出した西野亮廣さんの年収はどれほどの金額なのか気になります。

 

ほとんどの収入は起業活動

現在はほとんどテレビには出演していない西野さんですからほとんどの収入源は著作物や起業家活動から得られる利益がほとんどだと予想できます。

 

印税収入は大半かも

最近では鬼のように書籍を出版されていて自身が執筆した「革命のファンファーレ」も15万部ほど売れていると聞きます。

さらに堀江貴文や起業されている著名人との共著を出版されているために累計での出版部数は50万部ほどだと推測できます。

 

出版物だけを見て現在の収入を算出するとおよそ1000万くらいでしょうか

 

 

スポンサーリンク

西野亮廣さんは会社運営している?会社名は

 

西野亮廣さんが運営している会社名は本人の名前をそのまま使っている「株式会社にしのひろあき」という会社名です。

どストレートな会社名ですが運営内容は自身が開発したと言われている「新仮想通貨のレターポット」というものなどを運営しているそうです。

 

最近の西野さんの収入源は定期購買

その他の活動内容として西野亮廣の「エンタメ研究所」というものも行われているそうです。

エンタメ研究所の活動内容としては西野さんがこれからやろうとしているビジネス案件などの公開や世間のビジネスを揶揄するコメンテーターみたいなことをしているそうです。

 

簡単に言うと有料のメルマガのようなものでしょうか?

月額課金制でまずまずの登録者数と聞きます。

 

そのへんの収益も換算するとかなりのに収入を稼いでいるようです。

 

最近寄付金集めているけどいくら?

 

西野亮廣さんといえばクラウドファンディングが有名ですが最近でも自身の美術館を建設するためにその建設費用を捻出するための出資を募っているそうです。

 

最近もクラウドファンディングを成功させている

目標金額の5000万円はもうすでに出資者が集まっていて目標金額を達成したというニュースも出ています。

しかし美術館建設にはまだまだ足りないように思えますが今後の活動でその金額を捻出するのかもうすでに建設費用を自分でかき集められたのかは疑問なのですがいずれにしてもこの行動力はすごいものだと思います。

 

兵庫県川西市に立てる美術館はいつ出来るの?

 

地元の兵庫県川西市に建設を予定している美術館の建設費用は順調に集まっているようですがなぜ西野さんは地元に美術館を建てたいのかを調べてみました。

 

現在ではまだ美術館を建設するという話も出ていませんので建設やオープンの情報はありませんでした。

 

地元愛が溢れています。

なんでも地元に貢献したいという気持ちがあるそうですがただ地元に貢献するだけなら美術館を建てなくても他の選択肢が合ったのではと多少疑問に思ったのですが根っから子供立ちのことを考えている西野さんらしい発送だと思います。

 

絵本を出版するくらいですから未来の大人たちへの投資という観点から自分に出来ることはなんだろうと考えついたものが美術館の建立なのかもしれませんね。

 

まとめ

お笑い芸人としても成功して、更に起業家としても成功している西野亮廣さんのこれからの行動に目が話せませんね。

 

相方の梶原さんはyoutuberとして活動しているらしいのですが相方さんにも仕事を振ってあげたらいいのかもしれませんが、余計なお世話ですかね。

 

スポンサーリンク

-エンタメ

© 2021 やくだつ情報屋 Powered by AFFINGER5