役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

生活 社会

2018トヨタのプリウスリコール!故障と走行不能に!その他の車種は?

2018年10月6日

2018年10月5日付けで、トヨタ自動車は、プリウスとその他の車種のリコールを国土交通省に届け出たというニュースが有りました。

そこで、気になる、車種や年式などを調べてみましたので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

プリウスのリコール対象車種は?

2018年10月5日付けで国土交通省に届け出を出した、リコール対象車について調べた結果をかいていきます。

トヨタ自動車のホームページを見てみると、対象車種と年式がかいていました。

対象は2009年3月から2014年11月に製造した「プリウス」と「プリウスα」、トヨタがダイハツ工業から生産を受託した「メビウス」の3車種

という情報があります。

ご自分の購入した車が対象になっている可能性があるので、車検証などを確認して、年式と照らし合わせて、お近くのトヨタ自動車へ相談してみてください。

車に詳しい人なら、年式や、車種なんかはすぐに理解できるかもしれませんが、あまり詳しくない人はどこをどう確認して良いのかわからないと思います。

でも、安心してください。

殆どの場合は、トヨタの整備工場や、トヨタの車を販売している販売店に行けば教えてくれますし、もしお近くにトヨタの販売店がない場合は、自分の車の中に車検証が入っていると思いますので、そちらを確認するだけで車種と年式はかいています。

プリウスの故障箇所はどこ

以下に出す情報はトヨタのサイトから抜粋したものです。

不明な点がある場合は、お近くのトヨタの販売店などの確認することをおすすめします。

1.不具合の状況

ハイブリッドシステムにおいて、異常判定時の制御プログラムが不適切なため、急加速時等の高負荷走行中に昇圧回路の素子が損傷した場合に、フェールセーフモードに移行すべきところ、移行できないことがあります。そのため、警告灯が点灯し、ハイブリッドシステムが停止して、走行不能となるおそれがあります。

2.改善の内容

全車両、異常判定時の制御プログラムを対策仕様に修正します。

本来であれば、速やかに修理をさせていただくところでございますが、修理の準備に時間を要しております。今しばらくご猶予をいただきますようお願い申し上げます。 修理の準備が整い次第あらためてご案内させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

リコールは自分で確認するの?

リコール対象になる経験はそうできるものではないです(毎回あったら困りますが)いつも情報を集めている人ならまだしも、テレビも新聞もラジオも聞かないという方なら、情報を知ることはできませんし、リコール対象車が自分の車だということもわからないまま、故障が起こってしまったら、大変ですよね。

でも、リコールになる車を持っている方には、今回はトヨタからはがきが届きます。

対象になっている車のオーナーに必ずはがきが送られてきますので、その手紙の内容に沿って、対応してください。

スポンサーリンク

リコールはお金がかかるの?

リコールというのは、お金は全くかかりません。

すべて無料で対応してもらえます。それは当然のことですので、お金を払えと言う業者は、確認することをおすすめします。

リコールというのは、車の製造の不備ということです、販売者側が完全に落ち度になりますので、リコールの場合は一円も支払う必要はありません。

まとめ

今回はトヨタのリコールのことを調べてみましたが、日本の車は世界的に見るととんでもなく性能がいいし、サポートも樹実しています。

今回のように欠陥があったことを隠さずに国へ申請して、対応してくれるだけ世界から見るとものすごく丁寧な対応だと思います。日本人に生まれてよかったと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

-生活, 社会

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.