役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

スポーツ

金足農業ベスト4進出!プロ注目の雑草軍団はなぜ強い伝説の逆転試合

投稿日:2018年8月19日 更新日:

記念すべき第100回記念の夏の甲子園は「金足農業」の話題でもちきりです。

ついにベスト4までのカードが出揃いました。

 

残す日程は8月20日(月)と8月21日(火)の

二日間になりました。

 

2018年8月20日(月)の予定

  • 10:00
    第1試合(準決勝)

    金足農 (秋田)  -  日大三 (西東京)

  • 12:30
    第2試合(準決勝)

    済美 (愛媛)  -  大阪桐蔭 (北大阪)

 

2018年8月21日の予定

決勝戦ー

閉会式

 

なぜ、金足農校はココまで勝ち進むことができたのか?

金足農業高校の強さの秘密と、過去の逆転劇全試合を振り返ってみたいと思います。

参照google.com

スポンサーリンク

金足農校の凄さ

秋田県立金足農業高等学校(あきたけんりつかなあしのうぎょうこうとうがっこう)は

なぜこれほどまで注目をあびることになったのか、そして強さの秘密は何なのか調べてみると

 

まず、地元出身の選手だけで構成されたメンバーで地元の人からの絶大な応援が後押しになっています。

全国の強豪チームと比較すると、私立高校が多く、殆どが能力のある選手を集めているという寄せ集めをしたチームが多い中で今回ベスト4まで進んだ金足高校はすべて地元出身でしかも公立高校ということもあり地元の応援する熱量が高いのは理解できます。

 

注目の選手吉田選手

参照google.com

その中でも注目の選手は吉田輝星選手です。

吉田選手は、伸びのある150キロのストレートを武器に連投を続けているスカウトも注目する選手です。

夏の合宿と「地獄の1月合宿」を乗り越えて、強靭な体を作り上げて今大会に気合十分です。

実は、U-18サムライジャパン1次候補にも選ばれている選手です。

 

東北勢は過去の99回大会で優勝旗を持ってきたことがありません

「今年こそ、優勝旗の“白河の関越え”を」と何年も言われ続けてきましたが、この記念する100回大会で悲願の優勝旗を東北後へ持ち帰ることが出来るのか注目されています。

 

スポンサーリンク

金足の逆転劇

参照google.com

金足高校のこれまでの戦いを振り返ります。

第1試合   金足5ー1鹿児島

第2試合   金足6ー3大垣日大

第3試合   金足5-4横浜

第4試合   金足3-2近江

 

全試合、吉田輝星投手が投げています、2桁連続三振記録が4試合連続で次の試合も期待できます。

注目された試合は、第4試合で、逆転ツーランスクイズという異例の逆転劇を見せてもらいました。

 

今後の金足の試合日程

第5試合目は2018年8月20日(月)に10時から第一試合目に行われる予定です。

対戦相手は日大三でせす。

 

吉田選手の続投はあるのか?

二桁連続奪三振記録はあるのか

東北勢が優勝することが出来るのかこの一線で決まります。

ここまで来たら、優勝してほしい。

 

まとめ

毎年夏の風物詩とも言える夏の甲子園大会ですが

今大会の注目はなんと言っても金足農高ですよね。

秋田の甲子園視聴率が46%という驚異的な数字を叩き出しています。

 

その背景を見ると、農家の人たちが「仕事してる場合じゃねえ!」ってことで農家がみんなテレビの前に釘付け担ったことにこの驚異的な視聴率が生まれたのではないかと思います。

とにかく東北勢で初の優勝旗は絶対に持ち帰って欲しいです。

 

スポンサーリンク

-スポーツ

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.