役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

生活

Microsoftの利用規約更新メールは詐欺?内容と悪質なものを見分ける方法?

投稿日:

先日、Microsoftから利用規約更新メールが来ました。

 

最近は詐欺メールや怪しいサイトへ飛ばそうとする悪質なメールが多いですよね。

普段私もパソコンを使う機会が多いのですが、こういったメールが来るだけで構えてしまいますね。

 

私のフリーメール(gmail)に2019年7月13日付けで、以下のようなタイトルのメールが届きました。

 

「利用規約の更新」

 

宛先は天下の「Microsoft」からです。

かなり怪しいメールにビクビクしていても始まらないのでクリックしてメールを開いてみました。

このメールは詐欺なのか?それとも公式のメールなのかを検証していきます。

 

Microsoftの利用規約更新の内容は?

 

 

結論から言いますと、今回Microsoftから送られてきたメールは詐欺ではありません。

Microsoftの公式のメールでした。

 

先日「Microsoft」さんからメールが届きました。

 

届いた内容は以下のとおりです。

 

サービス規約をより明確に
お客様各位

このメールは、お使いの Microsoft 製品の 1 つ以上に適用される Microsoft サービス規約の更新についてお知らせするためにお送りしています。 今回の更新では、規約を明確にし、確実にご理解いただけるようにすることに加え、対象となる新しい Microsoft 製品、サービス、および機能を追加いたします。

Microsoft サービス規約は、お客様と Microsoft (またはその関連会社。以下「Microsoft」といいます) の間で締結される、お客様の Microsoft のコンシューマー向けオンライン製品とサービスの使用に適用される利用規約です。
Microsoft サービス規約の全文は、こちらからご確認いただけます。 今回の更新の詳細については、こちらの FAQ ページでご確認いただくこともできます。 Microsoft サービス規約に関する更新は、2019 年 8 月 30 日に発効いたします。2019 年 8 月 30 日以降も引き続き Microsoft の製品およびサービスをご利用いただいた場合は、更新された Microsoft サービス規約に同意しているものと見なします。
同意されない場合は、この規約の発効日までに Microsoft アカウントを削除して Microsoft の製品とサービスのご利用を停止してください。 購入も含め、お子様 (未成年者) による Microsoft 製品とサービスのご利用は、保護者の方が一切の責任を負うものとします。
Microsoft の製品とサービスをご利用いただきありがとうございます。

 

このようなメール内容でしたが、はっきり言って何が書いてあるのか複雑な言葉の羅列で本当に分かりづらかったのですが、要するにどういうことが書かれているのかをざっくりとまとめると

 

Microsoft利用規約のメールの要点

・Microsoftのサービスの規約が変わる

・2019年8月30日に規約更新がされる

・規約に不満の方はその旨をメールする

 

という内容でした。

世の中に存在するサービス系の商品は殆どの場合は利用規約というものがあります。

 

サービスを利用するに当たり、ユーザーに守ってほしいことが「利用規約」というものですね。

要するにこのルールでサービスをしますから、大丈夫ですか?という確認のメールでした。

 

 

利用規約更新に対する対応は必要か?

 

今回送られてきたメールにアクションを起こす必要はありません。

利用規約を隅から隅まで読んで本当に同意してからサインをするのが必要ではありますが、そんな面倒なことをされている人はかなり希少だと思います。

 

もし、利用規約を読んで不満がある場合は、その旨をメールなどで連絡する必要があるのかもしれませんが、今回のメールの内容に対しての行動を取る必要はありません。

 

悪質なメールを見極める考え方は

 

最近では詐欺メールや人からお金をだまし取る方法も多種多様になってきました。

 

誰でも知っている「LINE」や「Microsoft」「Google」という認知された名前を語り、お金を巻き上げようとする悪い人たちには一切関わりたくないですよね。

 

もし、怪しいと感じるメールが届いた場合の悪質メールを見極める方法として、いくつかポイントがあります。

 

悪質メールを見極めるポイント

・見に覚えのないメールは開かない

・自分が利用しているサービスであってもネットで検索してみる

・メールの内容を信じてはいけない

・もしクリックしてしまった場合でも個人情報は伝えない

 

一番はクリックしないことです、自分が加入しているサービスでない限りは無視しても大丈夫です。

 

ただ、間違ってクリックしてしまったり、自分で判断が難しい場合は絶対に「個人情報を伝えない」ことです。

 

詐欺グループは不特定多数の人に悪質なメールを送っていますので、一切かかわらないことが懸命な判断です。

個人情報を伝えてしまうと、お金を払わなければいけないということも絶対にありません。

 

もし厄介な悪質業者に関わることがあれば、まずは電話を切って、法的機関や、相談センターなどに問い合わせて解決策を相談してみましょう。

 

絶対にお金を払ってはいけません。

 

まとめ

 

この記事では、先日届いた「Microsoft利用規約の更新」が詐欺なのか、公式のメールなのかを検証する記事を書きました。

 

今回の利用規約の更新は公式のMicrosoftが運営するメールでしたので安心してください。

 

しかし、詐欺メールは現在かなりの数が横行していますから対処法を学び、絶対に騙されない方法を身に着けてください。

ネットで仕事をされている方や、ネットで動画を視聴する機会が多い方は気をつけて行きましょう。

 

-生活

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.