役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

テレビ番組

田中彰「渓谷探検家」の経歴は?卒業大学と仕事は何・収入や奥さんはいるの?

投稿日:

渓谷探検家という職業を初めて知りました。

 

2019年7月7日の情熱大陸での放送で、渓谷探検家の田中彰さんという方が取り上げられていました。

 

渓谷探検家という職業はこの番組で初めて知ったのですが、一体どんな仕事で、収入などはどのくらいもらっているのでしょうか?

多分探検家なので、この仕事だけで収入を確保するのは難しいのかなと感じますが、本職はどんな仕事をして、探検家となった理由はどんなものだったのかをまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

田中彰の経歴

 

 

 

名前       田中彰(たなかあきら)

生年月日     1972年

年齢       47歳(2019年現在)

出身       兵庫県

資格       国際キャニオニング協会認定インストラクター

 

田中彰さんは現在47歳で、世界に9人しかいない国際キャニオニング協会認定インストラクターとして活躍しています。

 

兵庫県出身で実家は種屋さんをされていた家庭に生まれたそうです。

 

種屋とはそのままの意味で、植物などの種を扱う商売のことです。

世界中を見回してもこれほど自由に生きている人は見たことが無いと言われるくらい、かなり自由な生き方をされていますよね。

 

田中彰さんは関西大学文学部の地理学科を先行していて、探検部に所属をしていました。

そのときにアウトドア活動に目覚めて、在学中は「木登り」で京都大学のある研究に参加をしていました。

 

その当時アフリカの樹上で1ヶ月半という長い期間を一度も木から降りずに生活をしたと言われるほど、アウトドアと言うよりもサヴァイバルに近い生活をしていますよね。

 

普通なら真似できないような破天荒な大学生時代を過ごした、田中彰さんは、その当時から自分の仕事に対しての方向性を決めていたように感じました。

 

大学卒業後は海外での放浪生活をしていました、川遊びが盛んな吉野川でラフティングのガイドなどを経て、いろいろな経験をされた中で、「死ぬまでに何かで一番になる」という思いが強くなったそうです。

 

29歳でキャニオニングというものに出会い、その魅力にハマったそうです。

 

かなり危険な職業ということはこの画像を見るだけでわかると思いますが、なぜこのような危険な職業を選ぶ必要があるのか?常人の私には理解できない考え方ですが、田中彰さんは大学卒業後に定職についていたのでしょうか?

 

田中彰さんの職歴や収入源は?

 

現在、キャニオニングという世界的に9人しかいない認定インストラクターとして活躍する田中彰さんですが、大学を卒業後はどのような仕事をされていたのでしょうか?

 

さらに、キャニオニングという職業でご飯が食べていけるのか疑問ですよね。

 

収入や、普段の生活はどのようなことをしているのかかなり気になります。

 

 

田中彰さんは大学卒業後に、インストラクターや、ガイドなどの仕事をされていました。

主に今の職業に通じる経験をされていたのだと思いますが、その当時から、自然を相手にする仕事ばかりしていたのがかなり羨ましいです。

 

 

普通であれば、コンビニのバイトや、居酒屋などサラリーマン経験があるような人がほとんどなのですが、田中彰さんは世間一般的に考えられる職歴はなく、ほぼすべての職業が、自然ガイドなどの職歴でした。

 

田中彰さんの収入面は?

 

世界的にも少ない認定インストラクターとして活躍する田中彰さんの収入面はどのくらいなのでしょうか?

 

あまりインストラクターやガイドなどの年収事情は一般的には広く知られるものではありませんから、どのくらいの収入なのかは気になるところですよね。

 

実際田中さんの年収は公表されていませんでしたが、このような仕事で類似している職業として、「山岳ガイド」などを参考にしてみると、平均年収は200万円から300万円ぐらいだとわかりました。

 

しかし、経験や人気が伴うと最高年収で1000万円ほど稼ぐ方もいるということで、実際世界的なインストラクターとして活躍する田中さんの年収は、500万円ほどではないかと予想します。

 

このような職業は、定住しているわけではなく世界中のキャニオニングをされるので移動費などが莫大に必要な職業なので、ほとんど生活費や移動費に消えていくのでしょうね。

 

スポンサーリンク

田中彰さんの彼女や結婚は?

 

田中彰さんの結婚事情についても調べてみると、公表されているデータでも、インスタグラムなどの情報にも彼女や結婚の情報は記載されていませんでした。

 

危険が伴う仕事ということで、そのような恋愛事情には関心がないのか、つれ合う人がいないのか、かなり難しい職業ですよね。

 

奥さんの立場になってみると危険でいつ命の危険があるのかわからない職業の夫に付き添うのは覚悟がいるかも知れませんね。

 

まとめ

 

この記事では、キャニオニングと言う珍しい職業をされている田中彰さんという方の経歴をまとめていきました。

 

関西大学を卒業後にキャニオニングに目覚めた、変わった経歴を持つ、田中さんははっきり言って自由な生き方でかなり羨ましいものですが、その厳しさは命と背中合わせというもので、あまり真似できるものではありませんよね。

 

現在47歳の世界中を飛び回る田中さんは年収は500万円ほどだと予想します。

さらに結婚など彼女は情報がありませんでしたが、このような危険な仕事では、なかなか難しい問題だと思います。

 

男としては夢のような仕事ですよね。

 

 

 

スポンサーリンク

-テレビ番組

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.