役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

スポーツ

田中希実の経歴と卒業大学は?所属と実績や評価は世界陸上は出場?

投稿日:

世界陸上に出場する田中希実さんに注目します。

 

まだ10代という若さで世界の舞台で記録を更新している田中希実さんに注目していきます。

その愛くるしい笑顔とは裏腹に攻めの走りをして、専門は中距離走、長距離走。世界U20陸上競技選手権大会3000メートル競走金メダリストという経歴の持ち主です。

 

田中希実さんの経歴や、過去の記録と卒業大学はどこなのか?

さらに世界陸上での金メダルの可能性もまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

田中希実の経歴

 

 

田中希実さんの経歴

名前    田中希実(たなか のぞみ)

生年月日  1999年9月4日

年齢    19歳

出身    兵庫県

種目    中距離走、長距離走

卒業大学  同志社大学

所属    野市立市場小学校 小野南中、西脇工高、ND28アスリートクラブ、豊田自動織機TC

現在19歳の日本の陸上界の期待のホープでもある田中希実さん。

9月に開催される世界陸上ドーハへ出場することが決定しています。

 

田中希実さんの主な記録として以下の成績があります。

2014 都道府県対抗女子駅伝 8区 区間賞
2015 都道府県対抗女子駅伝 8区 区間賞、第70回国民体育大会 少年B1500m 優勝
2016 第100回日本陸上選手権 1500m 2位、第71回国民体育大会 少年A3000m 2位
2017 アジア陸上選手権 1500m 4位、全国高校陸上 1500m・3000m 2位、第72回国民体育大会 少年A3000m 優勝
2018 アジアジュニア選手権 3000m 優勝、第102回日本陸上選手権 5000m 2位、世界ジュニア選手権 3000m 優勝、第73回国民体育大会 成年女子5000m 優勝

 

中学生時代から中・長距離走の選手として才能を発揮されていました。

西脇工業時代には日本選手権の1500メートルで2位

 

高校卒業後は同志社大学のスポーツ健康科学部に進学します。

大学の陸上部には所属せず「ND28アスリートクラブ」に所属して陸上競技を続けていました。

 

田中希実さんの得意な距離は3000mで世界ジュニア選手権では自己ベストで優勝しています。

 

日本陸上選手権では5000mでは自己ベストで2位国民体育大会では優勝を取るなどその才能に注目と期待がされています。

 

最近でも、優勝を総なめしていて、2019年世界陸上ドーハに出場を決めています。

https://twitter.com/VICTORY_7SR/status/1099850653055107072

 

日本人離れしたハーフかと思われる顔立ちですが、ご両親とも純粋な日本人です。

しかもふたりとも競技経験があるため、田中希実さんはサラブレッドということになりますよね。

 

 

田中希実の大学卒業後の進路と実績

 

田中希美さんの進路についてまとめていきます。

 

出身は兵庫県で、野市立市場小学校を卒業後に小野南中に進学。

西脇工業高校を卒業後は同志社大学へ進学するも、ND28アスリートクラブで陸上競技を続ける、大学卒業後の現在の所属は「豊田自動織機TC」です。

 

陸上女子のホープとして期待されている田中さんは強豪の西脇工高でも全国高校駅伝に「花の1区」で3年連続出場するなど高校時代からその才能を発揮されていました。

 

昨年はU20の世界選手権3000メートルで金メダルを獲得、今年の春にもアジア選手権に出場しています。

 

2019年の秋ドーハでの活躍もかなり期待できる選手です。

田中選手の魅力として、最後の追い込みがすごいと言われています。

 

今回の世界陸上での成績の良し悪しでは2020年オリンピックでも金メダルが期待できる選手でもあります。

 

トラック競技での金メダルは日本人では最近のオリンピックのような大舞台では記憶にありませんのでぜひ金を日本にとってもらいたいものです。

 

スポンサーリンク

田中希実さんの両親もすごい!

 

田中希実さんの強さの秘密はどこから来ているのかをまとめるとやはりご両親の影響が一番大きいのかもしれません。

 

父親と母親は共に陸上競技の経験者でもあり、マラソンの実力も兼ね備えていた選手でもありました。

つまり、田中希美さんは、陸上界のサラブレッドということになりますよね。

 

幼少期から両親の活躍を見てきた、田中希実の父親で田中健智さんは1993年の福岡国際マラソンで2時間23分02秒の記録を持つ経験者でもあります。

 

しかも、陸上競技会にも多大な貢献をされている方で、記録を計測するチップの「アスレック」というものの開発者でもあります。

 

現在は、ランナーに関係するイベントや教室などを展開する会社を立ち上げています。

 

さらに、母親もランナーでした。

 

旦那さんの田中健智さんの影響もあり、市民ランナーから始めたマラソン歴は北海道で開催されたフルマラソンで優勝されるほどの実力者でもあります。

 

お母様の経歴を見るだけでわかると思いますが、父親の指導方法が素晴らしいということですよね。

現在母親は、父親の運営する会社のスタッフとして働いています。

 

そんなご両親の背中を見て育った、田中希実さんはまさしくマラソンの神様に選ばれた存在ということになりますよね。

 

当然、高校時代からの成績の素晴らしさはうなずける理由であるということですよね。

 

 

まとめ

 

現在19歳で陸上界の期待のホープでもある、田中希実さんの経歴をまとめていきました。

 

今年2019年の世界陸上ドーハでも出場が決まっている中・長距離を得意とするトラック競技の注目の選手です。

 

そのルックスも可愛いく、現在「豊田自動織機TC」に所属する田中選手は、数々のショーレースで優勝をされています。

 

日本の中・長距離の期待のホープとして東京五輪でも注目されますので要チェックですね。

スポンサーリンク

-スポーツ

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.