役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

スポーツ

西純矢の経歴や帽子の秘密!出身中学や父親の存在とオリックスの選手が親戚?

投稿日:

2019年の甲子園での注目選手をピックアップしました。

 

 

夏の甲子園での注目選手として今回は投手に注目していきます。

今回紹介する「西純矢」投手は、「星稜・奥川恭伸」「大船渡・佐々木朗希」「横浜・及川雅貴」と共に「BIG4」や「四天王」と呼ばれています。

 

今大会の注目投手としてガッツポーズや帽子の言葉などかなり話題性がある投手でもある西純矢さんのことをまとめていきたいと思います。

 

創志学園の3年生の西純矢投手は感情むき出しのガッツポーズが特徴的で最近では注意を受けてガッツポーズを封印しているそうです。

 

帽子の裏側にはある文字が書かれていてその文字の秘密は感動を誘います。

経歴や投球スタイル球種なども合わせてまとめていきますね。

 

 

 

西純矢の経歴

 

 

名前     西純矢 (にし じゅんや)

生年月日   2001年9月13日

年齢     17歳 2019年現在

出身     広島県

身長     184cm

体重     79kg

投打     右投げ右打ち

出身中学   阿品台中学校

 

今大会で投手部門としてそのパフォーマンスで大きな注目を集めている「西純矢」投手。

彼の気迫あふれるプレーは、投球後のガッツポーズが全て物語っています。

 

高校2年生のときに甲子園で初登板し、16奪三振を記録して注目を一気に集めました。

切れのあるスライダーと150キロを超える速球を武器に三振の山を築いていきました。

 

ついガッツポーズが出てしまう気迫あふれるプレーは楽天の則本選手ににています。

 

現在高校3年生の西純矢投手は、プロのスカウトマンが注目する選手でもあります。

今年のドラフトでは確実に指名される可能性が高いです。

 

西純矢選手の略歴

 

鈴が峰小学校の2年生の時分に野球を始める

5年製ではキャッチャー6年生では投手としてエースとして活躍していました。

 

阿品台中学校では名門のヤング広島に所属して中2では全国大会優勝

中3ではNOMOジャパンにも選出されアメリカ遠征も経験しています。

 

創志学園へ進学後は1年生春からベンチ入りをして夏の大会ではリリーフとして145キロを記録する。

甲子園での注目後はU-18にも選ばれその実力が認められている。

 

 

西純矢の帽子の文字の秘密

 

西純矢選手の特徴としてそのガッツポーズも有名ですが、帽子が投球のたびに脱げてしまうというのも昨年の甲子園で話題になっていましたね。

 

西選手が投球のたびに帽子を落とすことでツイッター上では、つぶやきが上がっていました。

一見するとあまりにも迫力のある投球フォームで帽子が脱げてしまっているという見方ができるのですが、専門家の意見を聞くと西選手の帽子が落ちてしまうのは、投球フォームの乱れをチェックするポイントだと言われています。

 

帽子が落ちると調子が悪い

 

西純矢選手が投球のたびに帽子が脱げ落ちるときはフォームが安定していないという基準だと言われています。

実際、先発で出場した前半は帽子が投げるたびに落下していました。

 

後半になるに連れて帽子が落ちることはなくなり、三振も多くとっています。

つまり、西純矢選手が帽子が落ちるのは投球フォームの崩れからくるものだと言われています。

 

今年の甲子園夏の試合で西選手の帽子の落下とフォームの乱れを注意してみるとまた違った楽しみ方が出来ますよね。

 

更に西選手の帽子のツバのうらにはある文字が書かれています。

その文字とは

 

「緊張するとこわばるので」

「笑顔」

「10.11」

 

緊張すると顔がこわばるので笑顔を出すことを意識つけるためにあえて文字として帽子に書いているんですね。

次に書かれている数字の秘密は「父親の命日」だそうです。

 

父親に頑張っている姿を見せるために帽子にお父さんの命日を書くところを見ると本当に熱い男だと思いました。

 

オリックスの選手が親戚で選手名は?

 

西純矢選手のことを調べていると、「オリックス 選手」のようなワードが目に入りました。

 

もうすでにオリックスへの入団が決定したのか?と勘違いをしてしまいそうになりましたが、実は西純矢選手の親戚にプロ野球オリックスで活躍する選手がいるということでした。

 

オリックスで現在も活躍する選手の西勇輝選手は投手として現役のプロ野球選手です。

親戚にプロが居るということは何よりもの励みになりますし、いろいろと相談できる頼れるお兄さん的な存在ですよね。

 

 

 

まとめ

 

今回紹介した甲子園で注目の投手として「西純矢」選手をまとめていきました。

 

速球最高速度150キロを超えるストレートと切れのある変化球を武器に16奪三振を取るほどの実力があります。

 

さらに西選手の魅力として感情むき出しのガッツポーズが審判に注意を受けられるほど派手なパフォーマンスで帽子が投球のたびに落ちてしまうという見た目の注目もかなり大きいです。

 

今年の夏の甲子園では投手として注目される四天王と呼ばれるライバルの投手との投合はぜひみたいです。

最近の高校生の身体能力はすごいものです。

 

-スポーツ

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.