役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

スポーツ

及川雅貴の経歴と中学は?イップスの原因とフォームと球種やテレビ出演もしていた!

投稿日:

2019年の甲子園での注目選手をピックアップしました。

 

代101回目の甲子園で、注目される投手で「及川雅貴」投手に注目していきます。

 

及川選手は横浜高校の3年生で菊池雄星選手の再来ともまで言われた逸材です。

左投手として変化球などを武器に活躍する選手でもありますが、最近ではイップス(精神的な原因)で思うようにプレーを出来ないという噂もあります。

 

このページでは及川選手の経歴や戦歴などを中心にイップスが本当なのか?その原因などをまとめていきたいと思います。

 

及川雅貴の経歴

 

名前     及川雅貴 (およかわ ゆうき)

生年月日   2001年4月18日

年齢     18歳 2019年現在

出身     千葉県匝瑳市

身長     183cm

体重     74kg

投打     左投げ左打ち

出身中学   匝瑳市立八日市場第二中学

 

夏の甲子園2019年の注目選手の一人として左投手ではひときわ異彩を放つ及川選手は、あの菊池雄星選手の再ライトも言われています。

 

今年の甲子園大会のピッチャー部門として「星稜・奥川恭伸」「大船渡・佐々木朗希」「創志学園・西純矢」と共に「BIG4」や「四天王」と呼ばれています。

 

この四天王と呼ばれることに対して、「自分はまだそんな器では無い」という謙虚さがあるのですが、発言とは裏腹にその実力派プロも注目する選手です。

 

出身は、千葉県で市立八日市場第二中学を卒業しています。

 

小学生時代には6年制で千葉ロッテJrに選手すされリトルシニアにも所属していました。

U-15で代表を努め、ワールドカップU-15ではベネズエラ代表のキューバを完封するなど才能を発揮している投手です。

 

そんな活躍が目まぐるしい及川選手にはある噂があります。

それは「イップス」という精神的な問題です。

 

イップスとは

精神的な問題から、普段のプレーができなくなってしまうというアスリートに特に現れる症状のこと

 

 

 

及川雅貴はイップス?その原因は

 

夏の甲子園以前から注目を集めている及川雅貴投手にはある疑惑があります。

 

それは精神的な要因で思うようなプレーができなくなるイップスという症状が疑われています。

 

その噂となる出来事は今年の春に行われた春の選抜の試合での出来事でした。

 

及川雅貴選手は高校2年の時点で最高球速は153キロで同じサウスポーのマリナーズで活躍する菊池雄星投手でも超えられなかった150キロを超えた選手でもあります。

 

常にライバル投手と比較される立場になった及川選手のメンタル面が心配される中、星稜の奥川恭伸投手が強敵の履正社相手に17三振完封という衝撃的な投球を見せつけられたばかりでプレッシャーが無いといい切れませんよね。

 

 

春の選抜での明豊との対戦では打線につかまり3回途中で降板した及川雅貴は13得点も奪われ叩きのめされていた。

及川選手人「調子は悪くなかった」と行っていましたが、プロの目からは「よかったのは立ち上がりだけ」という評価がありました。

 

試合前からの異変は明らかで、マウンドに立った及川は、投球練習のほとんどの球を引っかけ、地面に叩きつけるような暴投を繰り返していたのだ。

 

本当に及川選手がイップスならば一日も早く復活してほしいと願うばかりですが、精神的な弱さがることが問題ですから、新たな気持を切り返す心のコントロールが必要になってきますね。

 

 

フォームと球種がプロも注目

 

イップス疑惑が嘘であってほしいし、夏の甲子園では完全な状態でプレーをしてほしいと願っています。

 

及川選手のフォームは本人が尊敬している巨人の内海哲也選手のフォームににています。

長身からスリークウォーター気味に投げて来る速球と縦に曲がるスライダーが最大の武器です。

 

及川選手の公式戦デビューは神奈川春季大会の決勝で残念ながら初戦は5失点で降板しています。

ただデビュー戦が決勝の舞台で先発を任されるというのはかなり期待をされているのがわかりますよね。

 

 

及川選手の球種

ストレート

スライダー(2種類)

カープ

チェンジアップ

 

球速のマックスは152キロで球種は変化球を入れて5種類を持っています。

 

得意球は縦に変化するスライダーで打者を翻弄しています。

ストレートの速さと変化球の切れ味の鋭さはプロも注目する選手でもあります。

 

日本のプロ野球ではこのタイプの投手はあまりいませんので、プロのオファーも今後はかなり濃厚です。

ドラフトでは1位指名をされる可能性がかなりたかいです。

 

コントロールもいいみたいなので今後は、さらに制球力を増しそして経験を積んでいけば間違いなく2019年のドラフトの目玉になる可能性が高いと個人的には思います。

 

テレビ出演もしていたその番組は?

 

及川選手は高校球児として注目される前から、かなり話題の人物だったようです。

その証拠に2017年の2月26日に放送された「ビートたけしのスポーツ大賞2017」で天才中学生ピッチャーとして出演をしています。

 

そのときに対戦した中日の平田良介選手から三振を奪うほどの実力でした。

 

プロとして本気で及川さんと勝負したとは思えませんが、当時現役のプロ野球選手から三振を奪うという事実は野球関係者の注目を集めたに違いありませんよね。

 

この投球を解説していた石井一久投手は「ボールの回転が良い、プロに通用する」と絶賛されていたそうです。

 

その当時から最近の才能を予言していたということでやはりプロの目は違いますね。

 

まとめ

 

この記事では夏の甲子園2019で注目の左投手の「及川雅貴」選手のことをまとめていきました。

 

左投げ左打ちでマックスは152キロを出した速球とスライダーの切れ味を武器にU-15のワールドカップではキューバ相手に三振の山を築いた注目選手でもあります。

 

横浜高校のエースとして春の大会では調子が思わしくなく、イップス疑惑もかけられるほど調子が思うようにふるいませんでした。

 

しかし、夏の甲子園に向けて徐々に調子を上げていってほしいし、今年の投手の中では「四天王」とまで呼ばれる素晴らしい投手の4人にも選ばれています。

 

プロとして活躍する可能性が非常に高い選手ですので今年のドラフトに注目が集まりますね。

-スポーツ

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.