役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

スポーツ

佐々木郎希の経歴と出身中学は?イケメンのフォームや球種と父親の職業は?

投稿日:

2019年の夏の甲子園の注目選手を紹介します。

 

この記事では投手部門として「佐々木郎希」投手をピックアップしました。

イケメンのフェイスにマックス速度が163キロという豪腕投手の選手としての経歴や、父親が郎希選手の野球の原動力になっているという秘密をまとめていきます。

 

 

スポンサーリンク

佐々木郎希の経歴

 

 

名前    佐々木郎希(ささき ろうき)

生年月日  2001年11月3日

年齢    17歳 2019年6月現在

出身    岩手県陸前高田

身長    190cm

体重    78kg

兄弟    3人兄弟(男だけの兄弟)

投打    右投げ右打ち

 

爽やかで甘いルックスの佐々木郎希選手は、岩手県大船渡高校の3年生として夏の甲子園での勝利の立役者として注目を集めています。

注目するべきポイントはその手足の長さを活かした投球フォームから繰り出される最速163キロの速球が武器です。

自己最高記録を6キロも更新する速球の速さは現在エンゼルスで活躍する大谷翔平選手が当時の花巻東時代に記録した160キロ超えの高校最速記録を更新しています。

 

この記録を見守っていた日米あわせて12球団のスカウト軍団も唸り声を上げるほどの鋭い球筋に世界も注目する選手として脚光を浴びています。

 

 

イケメンで情に厚い佐々木選手の地元へのこだわり

 

大船渡高校でピッチャーとして活躍する佐々木郎希選手は、実は大阪桐蔭への入学を退けて現在の高校で活躍しています。

 

佐々木選手はなぜ強豪として名高い「大阪桐蔭」への進学を断ってまで大船渡で野球をすることを決めたのでしょうか?

普通に考えれば、強いチームで日本一の甲子園の優勝という目標を叶えたいと思うのは高校球児なら当然の決断をするのかもしれませんが、優勝という名誉は、地元の高校で達成したい、地元の仲間と一緒に甲子園で優勝したいという思いが強いようです。

 

昨年の秋田「金足農業高校」での吉田選手の活躍と地元の方々の熱狂的な盛り上がりを見れば、この地元へ優勝旗を持ってきたいという思いはかなり感動秘話になりそうですよね。

 

もう一つ佐々木選手が地元にこだわるのは、2011年の悲惨な震災の影響が最も大きいと言えます。

 

実は佐々木郎希選手のお父様は震災で命を奪われてしまいました。

 

享年37歳という若さでこの世を去った父親のためにも地元に残り地元を救うために野球という自分の才能を生かして活躍することで地元に元気を与えようとする気持ちに感動を覚えます。

 

ぜひとも優勝を東北にもってきてほしいと願っています。

 

スポンサーリンク

フォームと球種とご飯はどのくらい食べる?

 

佐々木郎希選手の体を見ると見事な投手の才能を持ち合わせていますよね。

手足の長さを活かした上から振り下ろす投球フォームは速球タイプの理想の体型をされています。

 

速球と球種を使い分ける投球スタイルは打者にとってはかなり嫌なものです。

160キロを超える速球が来るかと思いきやチェンジアップでタイミングをずらされてしまうとバッターは振るしかありませんからね。

 

三振の山を築いてくれそうです。

 

佐々木投手の球種

ストレート、スライダー、フォーク、チェンジアップの4種類の球種を使います。

 

佐々木選手の体を作る食事は

 

線が細く身長の割には痩せている体型の佐々木郎希選手ですが、食事はかなりたくさんのお米を食べるそうです。

毎日の練習と同じく食事もかなり重要な練習の一つとして考えられていますから、どのくらいの量を食べるのか調べてみると

 

1日に約6合のお米を食べるそうです。高校1年生のときより体重が10キロも増量したということです。

厳しい練習のあとにたくさん食べられるという体の強さは天から恵まれたものですね。

 

中学生時代から身長が180cmを超えていたと言われている佐々木選手ですが、メジャーで活躍する大谷投手と比較すると、体型がとても似ています。

 

今後はメジャーにいく可能性がかなり高いですよね。

 

父親の言葉と思いは?

 

2011年の震災で命を落とされた父親の功太さんはどんな人物だったのか調べてみました。

 

「とても明るい性格で、怒るときはしっかり起こり、褒めるときはしっかり褒める」

子供をただ感情で怒るのではなくちゃんとしたしつけとしてしっかり向き合われていた方だと感じました。

 

父親が他界したあとは、兄の琉希さんが父親代わりになり、兄弟として父親として郎希さんを応援していたようです。

 

3歳年上の兄の琉希さんも野球経験者であり、郎希さんは兄の影響で野球を始めたということですね。

 

郎希選手の性格はとても負けず嫌いで、兄との競争でこの性格は作られたと思います。

ピッチャーは精神的な勝負が大きく、精神面で負けてしまうと投球にもかなり影響するポジションでもあります。

 

精神面の強さが強いことはかなりピッチャーとしての素質が高いということですので、今回の夏の甲子園2019年では大活躍を期待したいと思います。

 

まとめ

 

この記事では、大船渡高校の「佐々木郎希」投手についてまとめてきました。

 

佐々木選手はもともと陸前高田市の出身で2011年の震災で大船渡へ転校しています。

父親が震災で命を奪われたというつらい過去をバネに最速163キロの高校生では最速という記録も達成しています。

 

日本の球団もメジャーの球団も注目する「佐々木郎希」選手には東北のみんなが応援しています。

ぜひとも東北に優勝旗をもってきてほしいと思います。

 

スポンサーリンク

-スポーツ

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.