役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

映画

長久允の経歴と髪型の理由は?出身大学と電通入社はいつで手がけたCMは?

投稿日:

電通の社員が映画監督で賞を受賞しました。

 

最近のニュースで夢のある話だなと感じた話題を見つけました。

 

電通の社員が今年2月のベルリン国際映画祭で行われた、「ウィーアーリトルゾンビーズ」という映画作品が、青少年が審査するジェネレーション14プラス部門で特別表彰を受賞しました。

 

長久允さんという人物を初めて知ったという方はその特徴的な髪型に目を奪われてしまったかもしれませんが、かなり謎が多い人物ですよね。

 

今回は映画監督でもあり、電通の社員でもある「長久允」さんの経歴をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

長久允の経歴

 

 

名前     長久允

生年月日   1984年8月2日

年齢     34歳 2019年現在

代表作品   「そうして私達はプールに金魚を」

「ウィーアーリトルゾンビーズ」

電通入社   大学卒業後

 

三つ編みが特徴的な映画監督の長久允さんは、普通の映画監督ではなく現在も現役の電通の社員として勤務しています。

電通社員が映画監督として活躍をしていると言うだけでもかなりインパクトがありますよね。

 

その外見もかなり特徴的な髪型と電通社員ということでさぞかし苦労を知らない天才だと思われています。

 

しかし、実際の姿はうだつの上がらない窓際族だったということもあって、かなり興味がそそられる人物でもあります。

そんな長久允さんは、今年の2月にベルリンで行われた映画のコンテストでティーンエイジャーが選ぶ映画の特別賞を受賞しました。

 

そんな長久さんの作品も気になりますが、なぜ電通で勤務しながら映画が作れるのかその秘密にも迫っていきます。

 

長久允さんの出身大学は?

 

長久允さんは青山学院大学フランス文学科に入学

たまたま、大学の隣りにあったイメージフォーラムで観た映画「ふくろう」衝撃を受けてダブルスクールでバンタンデザイン研究所映画映像学部で映像を学びました。

 

その頃の映画製作の知識が現在の長久允さんの映画監督になるキッカケになったのだと思います。

 

電通で手がけたCMや映画作成秘話

 

長久允さん自身、自分の事を窓際族と言っています、広告代理店の大手企業の電通といえば日本中の広告を手がけるほどのビックな会社です。

 

長久さんが実際に手がけていた作品は大手企業などのCMなどはあまり担当しないでスーパーや精肉店の宣伝活動を主にされていたと言われています。

 

しかし、実際は、森永製菓の「小枝」「ダース」やイオンリテール「満月ゼロ」などアサヒビール「一番麦」

と結構ビックなCMも担当していることがわかります。

 

多分長久允さんの謙遜だとは思いますが、大手広告代理店の電通の社員としても充実した仕事をされていたのでしょうね。

 

映画製作は電通に勤務しながら?

 

特に興味を引きつけるのは日中の仕事をしながら映画製作をしていたということです。

電通といえば時間外勤務のあの一件があるようにあまりよろしくない勤務形態の会社でもあるのに、長久さんのように会社で勤務しながら映画製作というとても時間のかかる仕事をされていたのにはなにかわけがあるのではないかと思いました。

 

長久さんの映画制作活動は、会社の有給休暇を利用してほとんど一人で全部の仕事を手がけていると言われています。

絵コンテや広報活動も全て自分で行い、映画の撮影をスムーズにするために必要最低限のことを自分一人ですべてこなしていると言われています。

 

そのような普段の努力があってこそ、すんなり撮影が終わり、長期に撮影をすることなく映画撮影が出来るという時間管理をされていることに驚きました。

 

映画というと長い時間をかけなければ出来ないものだと言う常識が崩れてしまいました。

 

スポンサーリンク

三つ編みの髪型の理由は?

 

長久さんのトレードマークでもある、三つ編みですが、電通勤務中にもこの髪型をされているのか疑問に思いました。

しかし、長久さんは映画や広報活動や取材を受けるときだけ、三つ編みの髪型で登場するということですので普段は普通の髪型をされているようです。

 

それにしても男性で三つ編みをするという髪型はかなり奇抜で天才的な印象を受けるので、長久さんのブランディング力は非常に高いものだと思います。

 

 

まとめ

 

今回は現役電通社員で映画監督の長久允さんについてまとめていきました。

 

三つ編みがトレードマークの長久允さんは電通に勤務しながら長編映画を制作する時間の使い方がとても参考になりました。

 

有給休暇を使用し、以下に短い期間で映画を制作するのか、その具体的なやり方はすべて自分で下準備を終わらせてしまうということです。

 

すべての下準備を自分一人で行い、映画を撮影するだけの段階に準備してしまうということです。

過去に映画を4本ほど世に送り出していますが、最近ではベルリンの映画祭で特別賞を受賞するほどの注目を集めています。

 

ルックスや才能もずば抜けているように思いますが、実は窓際族だったと言われていますが、人生どのような展開になるのか本当にわからないと感じさせてくれた長久さんの生き方にとても共感しています。

 

 

スポンサーリンク

-映画

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.