役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

社会

ミス慶応2019なぜ2つでどっちが正式?炎上理由が原因でミスコンは中止?

投稿日:

ミス慶応といえば美人アナウンサーの登竜門的な存在です。

 

そのミス慶応のファイナリストが決定しました。

しかし、慶応大学のミスコンといえば、何かと問題続きです。

 

昨年はある不祥事で、ミスコンが開催されないという自体にまで発展して、今後はミス慶應が開催されないのではという憶測までありました。

 

ついに迎えた2019年のミスコンは当たり前のように開催されているし、更に炎上するほどの自体にまで発展しています。

 

ミス慶応が2つの団体で行われて、ファイナリストまで決定しています。

 

今回のミス慶応の疑問

・なぜ2つの団体が開催しているのか?

・ミスコンのファイナリストは誰でどうなるのか?

・もしかしたらミスコンは途中で中止になってしまうのか?

 

以上のことについてまとめていきたいと思います。

 

ミス慶応2019は2つある?どっちが本当のミスコン?

 

ミス慶応といえば、現在テレビで活躍する女子アナの登竜門として毎年誰がファイナリストに選出されるのか?

さらに誰がグランプリに選ばれるのかその結果が注目されています。

 

大学だけの規模にとどまらず、芸能界も注目するほどの大きなイベントになってしまいました。

しかし、昨年のミスコン主催者の犯罪行為で長年続いたミス慶応の開催が危ぶまれました。

 

今年のミスコンは中止なのか?もう開催されないのかと言う思惑に反して2019年のミスコンが開催されました。

 

でも、2つの団体がお互いの主張を譲らずにミスコンを開催しています。

 

なぜ2つのミスコンが?その理由は

 

今年のミス慶応は2つの団体が主催をしています。

どちらの団体も大学側の非公認の集まりで構成されています。

 

その団体はどちらも慶応大学生のOB、OGが集まった団体になっています。

 

・ミス慶應コンテスト2019実行委員会

・学生団体「KOPURE」

 

どちらの団体側も自分たちが正当なミスコン主催者という発言をしていて、一般の私達からするとどちらが正当なミスコンなのかわからない状況になっています。

 

さらに自体は悪化していて、ファイナリストの女性たちのツイッターアカウントが凍結するという事態になっています。

「なりすまし」とツイッター側に通報したのが主な原因と言われていますが、お互いの主催者側が弁護士を立てて自分たちが正当な団体だと主張している事態に「内容証明」まで飛び出す始末です。

 

運営側のゴタゴタが続く中でも、2つの団体から選出されたファイナリストには罪は無いですよね。

世間は誰が最終選考に選ばれるのか?

 

誰がファイナリストになったのかが重要なことだと思います。

そこで、2つの団体から選ばれたファイナリストをまとめてご紹介します。

 

2019年のミスコンのファイナリストは誰?

 

今年のミス慶応は2つの団体が開催してどちらもファイナリストを発表しています。

 

2つの団体とは

・ミス慶應コンテスト2019実行委員会

・学生団体「KOPURE」

 

という以上の2つの団体が開催しています。

 

ミス慶應コンテスト2019実行委員会の方は正統派な印象が強い女性たちが出揃っています。

その一方で、学生団体「KOPURE」のファイナリストの女性たちは、アイドルや現代の女性という印象が強いです。

 

どちらも甲乙つけがたい美女ぞろいですが、どちらかといえば、学生団体「KOPURE」の女性陣が印象が良いですよね。

 

現役アナウンサーの歴代のミスコングランプリは誰?

 

現在でもテレビで活躍している女性アナウンサーでもとミス慶応の女性たちは一体誰なのか知っていますか?

アナウンサーの登竜門と言われる理由が人気アナウンサーとなっている女性はミス慶應が多いと言われています。

 

その中でも特に有名な女性アナウンサーは

 

1999年  中野美奈子

元祖人気女子アナの走りですよね。

未だにその可愛らしさは健在です。

 

2000年  鈴江奈々

 

2001年  青木裕子

 

2006年  竹内由恵

2012年  小澤陽子

 

2013年  宇内梨沙

ルックス人気ともに活躍するアナウンサーがこれほどいます。

 

これほどの人気アナウンサーを輩出するミス慶應はかなり見る目があると言っていいですが、過去の不祥事は決して許されるものではありません。

 

2つの団体のどちらが正当かを議論するよりも、クリーンで間違いの無い運営をしてもらいたいものです。

 

まとめ

 

この記事では、2019年のミス慶応のファイナリストについてまとめていきました。

 

ファイナリストに残るほどの方はやっぱり魅力がありますが、今回の2019年のミスコンは2つの団体が運営するという異常事態になり、さらにお互いの候補者のツイッターが凍結してしまうというかなり印象が悪い運営になっています。

 

候補者として選ばれた女性たちには罪はないですよね。

 

仮にも高学歴と言われる慶応大生ですから、話し合いでまとめてほしいものです。

はっきり言って、子供の喧嘩のようにしか思えません。

 

-社会

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.