役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

生活 社会

ゆたぼんの不登校はいつからその理由は!父親と母親の職業との関係は?

投稿日:

ハイサイまいどで始まるyoutuberゆたぼんが炎上しています。

 

小学生youtuberとして世間を賑わせている大きな原因は本人の「不登校を正当化」するような発言だと思います。

 

小学生3年せいのゆたぼんの経歴と父親の職業と母親の仕事は何をしているのか?

さらに、世間の反応と私個人の考えをまとめていきたいと思います。

 

ゆたぼんの本名と経歴

youtuberネーム ゆたぼんの経歴

本名  中村(なかむらゆたか)
年齢  10歳
出身地 大阪
現住所 沖縄宜野湾市

 

最近ではyotuberとして活躍する小学生は増えています。

しかし、自分の意見を自分で考えて情報を発信する方は珍しいと思います。

 

たいがいのyoutuberは親が子供を広告等にするために動画に登場させるケースが多いのですが、ゆたぼんさんのメッセージは親が言わせたものではない可能性が高いですね。

 

ゆたぼんの不登校の理由は親の影響?

 

ゆたぼんの不登校の理由

なぜ、最近ゆたぼんさんが注目されているのかという理由は、ゆたぼんさんの「不登校の理由」が大きな要因となっています。

 

不登校になった理由として

 

ゆたぼんさんは小学校3年生で不登校となります。

はてな

宿題を学校で拒否したところ、放課後や休み時間にさせられそのことに不満を抱き「ロボットになってしまう」と不登校になることを選択しました。

 

日本の教育へ反抗心や自由を求める気持ちはよくわかります。

世間一般からの反応を見ると、どうしても「わがまま」なだけという印象を受けてしまうのが当然の反応かもしれません。

 

さらに、ゆたぼんさんのこのような考え方は、親の影響が大きく影響しています。

まだコミュニケーションが出来ていない段階でyoutuberという大きなメディアで自分の考えを発信するのはあまりにも危険な皇位のように思います。

 

つまり、ゆたぼんさんは親のロボットとして親の仕事の広告塔になっているのではという考えを持ってしまうのが普通の考えだと感じてしまうわけです。

 

 

ゆたぼんが反面教師になっていると話題に!

 

ゆたぼんさんは小学生3年生で2018年から沖縄に家族とともに移住しています。

その頃からyoutuberとして活動しているのですが、当時は家族全員で動画に参加するなど家族ぐるみで動画配信をされていました。

 

最近の動画で「不登校は不幸ではない」というメッセージを伝えている動画がありました。

 

その動画が世間の目に止まり、反響があったのですが、不登校に悩む全国のお子さんがこの動画を見ることで反対の反応が出始めていました。

 

その反応とは、不登校で学校に言っていない子供がゆたぼんの動画を見ることによって、逆に学校に行き始めたという現象があったと言われています。

この動画を見た小学生がどのような考えで学校に行き始めたのかは個人の考えであって、想像の域から抜け出ないのですが、多分ゆたぼんさんの考えと一般的な小学生の考えが真逆だということが言えます。

 

 

ゆたぼんの両親の名前と職業

 

ゆたぼんさんの両親はこのことについてどのような反応をしているのか気になります。

 

しかし、両親の職業を見る限り、ゆたぼんの活動を応援しているように思えます。

応援というよりも、ゆたぼんが活躍することで、両親の活動が引き上げられることが予想されます。

 

要するに、両親はゆたぼんという子供を使って、自分たちの仕事の広告塔になってもらいたいという考えが強く伝わってきました。

 

父親と母親の仕事はいずれも個人起業家です。

 

ゆたぼんの父、母の仕事

父親  心理カウンセラー

母親  デザイン関係

 

その中でも特に影響を受けているのが父親の影響が大きいと思います。

 

ゆたぼんの父親は大阪出身の「中村幸也」さん

中村幸也さんはYoutuberとして活動するゆたぼんの父親であり、この方の影響で現在のゆたぼんさんがあるとネットでは言われているようです。

中村幸也さんの情報としては学歴が「中卒」で現在のご職業が

 

心理カウンセラー

禁煙カウンセラー

 

というカウンセリング業を個人でされているようです。

 

母親はインターネットでデザイン関係の仕事をされているために、両親の仕事は個人起業家ということになります。

 

両親とも自由を掴んだ経験があるために、子供にも自由な生き方をしてもらいたいという考えが強く影響しているために、このようなyoutuber活動をされているという経緯があります。

 

 

いずれにしても、義務教育を放棄して、子供の自由を優先できるというのは親の経済力や、思考が大きく関係していますが、法律的には違反している可能性がありますので、今後の活動に注目していきたいと思います。

 

まとめ

 

世間で最近注目を集めている小学生youtuberのゆたぼんさんについてまとめていきました。

 

不登校を正当化する、ちょっと危険な考え方には世間の反応は冷たいものになっています。

 

しかし、自由を求めることと、自分のやりたいことで生計を立てていくという考えは素晴らしく自立をした考え方だと感じました。

 

両親はふたりとも個人起業家で2018年に沖縄に移住されて、今ではフリーランスとして活動する両親を見て育った小学生のゆたぼんさんは当然、自分も個人起業家として活動していくことが決まっていると言っていいと思います。

 

子供は親の背中を見て育つと言われますが、このような家族が増えることで日本はどのように変わっていくのか、変化のときがいま来ているのかもしれませんね。

-生活, 社会

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.