役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

イベント スポーツ

東京オリンピックのチケット購入方法!ID取得や事前登録のやり方は?

投稿日:

東京オリンピック・パラリンピック2020のチケットの販売がスタートしましたね。

 

いち早くチケットを購入したいと思う方が、一斉に問い合わせをしたせいで、まだチケットを申し込めていない方が多いようです。

 

まだチケットの申込みを完了されていない方は焦らず、諦めないでください。

東京オリンピックのチケットは先着順ではなく「抽選で決定します。」

 

なので、いくら早くチケットを申し込んだとしても、抽選で当選しなければチケットを購入することが出来ません。

 

東京オリンピックのチケットの買い方(ID登録方法)などをまとめていきたいと思います。

 

東京オリンピック2020販売期間いつから、いつまで

 

 

東京オリンピック2020のチケット販売期間は5月9日~5月28日までの期間で抽選申し込みをします。

(この段階ではまだチケットを購入したというわけではありません、あくまで抽選を申し込んだだけですので注意です。)

 

チケット当選日時の発表は2019年6月8日です。

(チケットが当選したかどうかを必ず確認しましょう。)

 

 

まず、チケット購入前にイメージしてほしいことがあります。

 

それは、自分がどの競技を見たいのか?そしてどの時間帯の競技や会場が希望なのか?を決めておくことです。

 

チケット購入前にチェックしておくこと

・希望の競技

・競技の時間帯

・競技の会場

 

いずれの場合もチケットは1枚ずつ必要になります。

チケットの購入枚数も決まっています。

 

チケットの購入する限度枚数と条件

 

チケットの購入条件と枚数

・日本国籍がある方

・最大30枚まで

・セッションは2枚~8枚まで

 

セッションとは同じ競技での時間帯が違う場合はチケットが別に必要になります。

 

東京オリンピックの競技数は33競技で、339種目あります。

その中でどの種目をいつの日程でどの会場で見るのかを指定しなければならないのです。

 

例えば、バレーボールの初戦を見たいし、決勝も見たいという希望があったとします。

この場合はチケットは2枚必要になります。

 

バレーボール  初戦9:00  〇〇会場

バレーボール  決勝16:00 〇〇会場

 

以上のようなチケットの購入が必要になるわけですよね。

 

チケット購入の注意点

・チケット抽選ですべて当選したら全部購入が条件

・購入はVISAか現金払いが原則

 

もし複数の競技や日程を希望されて、全てチケットが当選した場合は全部のチケットの支払いをする必要がありますので、チケット購入はしっかりと決めてから行ってください。

 

IDの取得方法と購入までの買い方

 

東京オリンピックのチケットを購入するためには事前登録というものが必要になります。

まず、その流れを説明していきます。

 

はてな

・公式サイトから登録IDを取得

・IDを取得したら公式サイトからチケットの抽選申し込み

 

チケットの販売はネット販売のみとなります。

電話での受付はしていませんので、ネットに疎い方はかなり苦戦するかもしれませんが、説明動画などを見ると簡単にできそうなので、ぜひ挑戦してみてください。

 

事前登録IDの取得方法

まずは、事前登録というものが必要になります。

 

 

公式ホームページの右上の「TOKYO2020 ID」という部分をクリックすると上のような画面に移ります。

ID登録画面で自分のメールアドレスと、パスワードを入力して進みます。

 

その後東京オリンピックのチケット抽選に必要なIDが手に入ります。

 

 

公式サイトでID取得方法の動画が配布されていましたので参考にしてください。

 

次にチケット抽選申込みをします。

 

チケット抽選申込み方法

 

TOKYO2020のIDを取得したら、次はチケットの抽選申し込みをします。

非常に面倒くさい販売方法でイライラしている方も多いと思いますが、順番通りにしっかりとやることでチケットの抽選申し込みをすることが出来ますので頑張ってください。

 

チケットの抽選申し込みのサイトは、「公式サイト」の

 

・東京2020公式チケット販売サイトへ

・My TOKYO2020

というリンクをクリックしてください。

 

チケット抽選への申込みは自分の観戦したい競技名と競技会場、競技時間の3つをまずは決めてください。

 

自分が観戦したい競技名や時間帯などが決まったら、希望のチケットの枚数をクリックします。

(現段階では抽選申し込みですので、支払いは必要ありません。)

 

TOKYOオリンピックのチケットの抽選予約では希望のチケットをスムーズに購入できるために2つのシステムがあります。

 

希望のチケットを購入しやすくするシステム

・カスケードサービス

・第2希望エントリー

 

まず、カスケードサービスとは、申込み時の希望の席種が外れてもひとつ下の席種にスライドしてくれるという機能です。

 

第2希望エントリーは、自分が希望の種目などが外れても第2希望を登録しておくことで当選確率を広げることが出来ます。

 

チケットの申込み方法についても動画説明がありましたので配布しておきます。

 

 

座席やセッションによって値段が大きく違う

 

東京オリンピックのチケットはそれぞれ値段が違います。

座席の場所や、日程によってかなりその差が広がると予想されます。

 

座席や日程でチケットの値段は跳ね上がる!

座席番号はA~Eまでありますし、予選と決勝では全く値段が違います。

 

一例としてA席とE席との値段の差は1万円ほど違います。

予選と決勝とでは3万円ほどの値段の差があります。

 

ご自分の見たい競技や種目、更に座席場所や日程をよく考えてチケットの抽選予約をしましょう。

予約抽選は2019年5月9日(木)~2019年5月28日(火)まで

 

「チケット当選発表」は2019年6月8日(土)です。

 

 

チケットの変更・取り消しについて

 

もし、購入予約をしたチケットを変更や取消をしたい場合は、変更できる期間中に行いましょう。

 

自分の日程の都合で変更をしなければならない場合はチケット抽選申込期間中になら何度も変更が出来ます。

チケットの変更・取り消し期間は2019年5月9日(木)~2019年5月28日(火)まで

 

まとめ

 

今回は東京オリンピックのチケットの購入方法をおつたえしてきました。

 

TOKYO2020のチケットはまず事前登録というIDを取得することと、チケット抽選をして、当選しなければチケットを受け取ることが出来ないという2つの面倒な作業が必要になります。

 

2019年6月8日にはチケットが当選したかが確認できます、チケットの申込みは先着順では無くて、抽選で当選したら受け取れるという仕組みになっています。

 

これも、転売や不正な購入を防ぐためのアイデアなのかもしれませんが、購入する側にとっては面倒な作業でしかありませんよね。

 

でもTOKYOで開催されるオリンピックは今後見られるかどうかわかりませんので、興味のある方はぜひ購入を頑張ってみましょう。

 

 

-イベント, スポーツ

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.