役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

社会

皇室の三種の神器の中身は?伊勢参りと意味や伝統はなぜ!

投稿日:

年号が平成から令和へと変わります。

 

2019年の5月からは、平成の天皇である「明仁様」から「徳仁様」へ変わります。

 

退位の儀式として、4月18日に執り行われた伊勢神宮への参拝がニュースとなっていて、平成天皇を拝見するために伊勢神宮にはたくさんの人が来られています。

 

三重県を訪問中の天皇、皇后両陛下が伊勢神宮の外宮と内宮で、今月末の天皇陛下の退位を報告する親謁(しんえつ)の儀」という儀式をおこなうのですが、初めてきく方も多いはずです。

 

さらに「三種の神器」というものは皇室とどのような関わりがあるのか?その意味や中身はどういうものなのかまとめていきます。

皇室と伊勢神宮との密接な関係というものがどういうものかを学んでいきたいと思います。

 

皇室と伊勢神宮の関係とは?

日本には皇室と呼ばれる世界でも極めて珍しい伝統のようなものがあります。

 

世界的に見ても日本ほど皇室の歴史が長いものはありません。

同じようにイギリスでも王室というものがありますが、約1900年代から始まったものです。

 

世界一歴史がある皇室

日本の皇室は世界一歴史が長く紀元前660年ごろから始まりました。

 

なぜ日本の皇室はこれほどまでに長い歴史があるのか、それは伊勢神宮との関係をさかのぼることになります。

 

初代天皇は神だった

日本の初代天皇は神武天皇という名前です。

 

諸説ありますが、初代天皇からしばらく引き継いだ天皇は人間というよりも神様に近い存在でした。

実際見たことがない存在なので憶測としかお伝えできないのですが、様々な文献を読むことで、初代天皇は神様という記述が多いです。

 

伊勢神宮には天照大神という神様が祀られていますが、神道を祀る存在として神である神武天皇と深い関わりがあることは想像できることです。

 

代々受け継がれたきた、皇室と伊勢神宮との関係はもともと神様だった初代天皇の伝統を引き継いでいることになります。

 

天皇陛下が退位する儀式はどういうもの

平成天皇が今回伊勢神宮参拝をして、退位を報告する儀式がTVでも放送されていました。

そこで「親謁(しんえつ)の儀」という儀式を初めて耳にしたのですが、どういう儀式なのでしょうか?

 

天皇陛下は基本的に死ぬまで天皇陛下ということに昔からなっています。

 

しかし、現在の明仁天皇様は自ら体調不良で公務ができない状態になることを考えて、「生前退位」を決断しました。

 

生きている内に天皇の皇位継承をするということはあまりないことです。

それに伴って、今回新たに新設した「親謁(しんえつ)の儀」という生前退位するための儀式として執り行われたそうです。

 

その儀式は格式が高く、皇室の宝でもある三種の神器が登場しました。

 

三種の神器とは中身は

 

世間一般的には三種の神器というものは、貴重なものという意味合いを持っています。

 

日本の三種の神器というと「冷蔵庫、洗濯機、TV」という時代もありましたが、古い歴史上の神が皇室のために残したそれはすごい宝だと言われています。

 

一体三種の神器というものはどういう宝なのでしょうか?

三種の神器とは

八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)

八咫鏡(やたのかがみ)

草薙の剣(くさなぎのつるぎ)
=天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)

 

勾玉、鏡、剣をまとめて三種の神器といいます。

 

天皇という存在は日本の象徴友いわれる由緒正しい家柄です。

その正当性を裏付ける証拠となるのが、今回TVなどで紹介されている三種の神器です。

 

つまり三種の神器をもっているものが、正当な天皇だよという証拠になるんですね。

正当な皇位継承者には「承継の儀」を持って、三種の神器が受け継がれているんです。

 

令和元年の5月1日にこの「承継の儀」が行われますので、ぜひ見てみたいものですね。

ちなみに、「剣璽等承継の儀」は午前10時30分に始まり、午前10時40分には終わる予定だそうです。

 

平成31年4月17日に、天皇陛下が退位をされることを伊勢神宮に祀られる皇祖神 アマテラスオオミカミにご報告される「親謁の儀(しんえつのぎ)」がありました。

 

この親謁の儀では、三種の神器も陛下と共に皇居外へ出る、剣璽御動座が行われ、天皇陛下のすぐ後ろに侍従の方が三種の神器の内の草薙の剣、八尺瓊勾玉の入った神櫃を持っているところが見られます。

しかし、この三種の神器というものは誰も見たことが無いらしいです。

天皇さえも見ることができない宝というものは形の無い、教えのようなものなのかもしれませんね。

 

三種の神器は俗なものが見ることや触れることで俗に染まることから、一般の方の拝見も禁止されています。

さらに、三種の神器の保管場所は3箇所に分配されていて、皇室に保管されているもので本物は勾玉だけです。

 

それ以外の2つはレプリカとして祀られています。

 

それぞれの本物の三種の神器の保管場所は?

 

三種の神器本物の保管場所は?

勾玉  皇室

鏡   伊勢神宮

剣   熱田神社

 

以上のように厳重に保管されています。

 

まとめ

 

年号が平成から令和に変わる瞬間を目のあたりにできるということはとても光栄なことのように思います。

 

平成は平和な時代でした、令和の時代も変わらずに平和な時代であることを切に祈りたいものです。

 

皇室と伊勢神宮との関係や三種の神器の中身についてお伝えしてきましたが、どのような時代になろうとも、この国の模範となる天皇が公務として世界中を飛び回り平和を伝えていくことでこの日本の平和を守ってくれているのだと思います。

 

 

-社会

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.