役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

生活

胎盤の調理法や効果や成分とは?病院での受け取り方や産後鬱の予防

投稿日:2019年2月11日 更新日:

お子さんを生んだことのある方なら「胎盤」という臓器がどのような役割を果たしているのかをご存知だと思います。

 

ただ胎盤を食べるということは多くの方は試されたことのないことだと思います。

 

最近芸能人の野村佑香さんが「胎盤を食べました」というニュースを見た視聴者が野村さんのことを心配されている様子を見ました。

 

私としては胎盤の効果がわかっていましたので、なぜそのような過剰な反発をするのかが理解できないでいました。

 

そこで出産を今後予定されている妊婦さんや将来自分の胎盤はどのようにしたら良いのかを知っておいてもらいたいという理由でこの記事を書いていきます。

 

胎盤の成分や効能は?

胎盤とはどのような臓器なのでしょうか?

 

人間の体には不思議が詰まっています、まだ科学では解明されていない事実がたくさんありますが、現段階でわかっていることを話していきます。

 

 

胎盤とはどういう臓器なのでしょうか?

 

胎盤の機能

胎盤とは子供を出産するときにだけ作られる神秘的な臓器です。

主にお腹の中にいるお子さんの呼吸を助けたりへその緒を密接につながっていて、お子さんの成長を見守るような臓器です。

 

 

お子さんを出産したあとに胎盤も後から排出されるということで役目を終えた胎盤は現在では医療廃棄物にされるか、医療メーカーに高値で販売されるという噂もあります。

 

美容商品に多く使われるプラセンタ

実は胎盤というのは別名「プラセンタ」というもので、美容効果がものすごく高く栄養がぎっしり詰まっているということはアンチエイジングや美容に関心のある方なら常識というものなのです。

 

ただ、自分の体の中にあった臓器を食べるという感覚はまだまだ認知度が低く、ちょっと抵抗があるという感想を話される方のほうが多いようです。

 

他にも胎盤には大事な栄養素がたくさん含まれていて、産後に胎盤を食べることでお母さんの体は病気に強くなり、更に産後鬱という病気を改善したり防いだりすることもできるという効能もあります。

 

私が以前学んでいた健康や医学に精通している方は、お子さんが6人いらっしゃいます。

 

その方の奥さんの胎盤は冷凍保存されていて、奥様の精神的なバランスが崩れてきてイライラしたりうつ症状が出たときには胎盤を食べると言っていました。

 

医学的にはあまりおすすめされていない民間療法的な胎盤を食事として食べるという考えは東洋医学がはじめのようです。

 

胎盤は食べ物ですか?

 

胎盤は食べ物という考えはあまりないと思います。

 

それもそのはずですよね、女性の体の中にあった臓器を食べるというのはハンニバル・レクターのように頭がおかしい人と思われそうで怖いですよね。

 

女性の鬱に胎盤が効く

ただ先程も話したとおり「産後鬱」やホルモンバランスの崩れなどを正常化するためのきっかけとなる成分が豊富に含まれている胎盤は食べないほうがおかしいと言われるくらい素晴らしい食事です。

 

中医学や西洋医学に精通した人ならば、この事実に気づいているし、病院で医療廃棄物にされているのはかなりもったいないことをしているなと思いますね。

 

だってこんなに最高の栄養素が含まれている神秘の臓器を捨ててしまうのは頭がオカシイとしか言えませんよね。

 

調理法として有名なのは「生姜醤油で煮る」というレシピや「胎盤ステーキ」という料理方法があります。

 

一部のセレブの間では、胎盤は出産が終わった後の栄養補給としてステーキで食べるか、煮物にして食べるか好みが分かれるくらい調理法の話題が注目されていると言われています。

 

つまり一部のセレブでは当たり前のことが「胎盤をたべる」という常識になっているのです。

 

ただ、私達のように一般的に胎盤を食べるという常識がない人たちにとってはただの体の臓器としか見られないのが実情です。

 

 

医療的に胎盤を食べてもいいの?

 

胎盤を食べることは法律上や医療上良いものなのか気になりますし、不安を感じるかもしれませんね。

 

ただ現段階では医療状も法律上も全く問題ありませんし、医療を行っている方にも正直言って胎盤の凄さを理解している人はかなり少ないです。

 

医者は薬を売らないとお金になりませんのであまりにも栄養がある胎盤をおすすめするわけがないですよね。

産後鬱や様々な産後の病気が減ってしまうとそれこそ医者はおまんまの食い上げ担ってしまいます。

 

胎盤を食べるという知識が今回の芸能人の話題で脚光を浴びることになって、認知度も広まったところです。

 

ただ具体的にどのような調理法や、どうやって保存したら良いのかはわからない部分が多いですよね。

 

胎盤の保存は冷凍するか、病院から退院したらすぐに調理することです。

 

数日間産後から自宅に帰れない場合は冷凍保存して調理するときに普通の冷凍食品と同様解凍してから調理するようにしましょう。

 

病院で胎盤をください!勇気を出して言ってみよう

 

ただ、胎盤が体にいいものだとわかっていても、胎盤を持って帰りたいのですと医者に言うのはかなり勇気がいる話ですよね。

 

でも胎盤は自分の体の一部ですし、自分の物を持って帰っても何も誰にも文句を言われる筋合いは無いのですから、遠慮なく胎盤を持ち帰りましょう。

 

旦那さんにお願いして病院から受け取る手はずをお願いしておいて見ましょう。

 

ちょっとの勇気があれば胎盤は手に入れられます。

 

まとめ

 

女性にとっては、妊娠・出産という一大イベントですから、相当な精神的、肉体的な疲労があります。

 

そんな産後の栄養回復には一番が胎盤料理です。

あまり認知度は無いのですが実践されている方やブログや体験談にしている方も多いので参考にされると良いのではないでしょうか?

 

-生活

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.