役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

映画

映画「来る」の霊媒師役は誰!ぼぎわんと比較、公開日と予告動画は

投稿日:

2018年のさいごのホラー映画として大注目されている映画を紹介します。

 

「来る」というシンプルなタイトルながらそのキャストと監督が名優ばかりで本当に豪華な映画に仕上がっています。

まだこの映画「来る」を見ていない方はこの映画の俳優陣の一覧を見た時に本当にホラー映画なの?と疑ってしまうほど名だたる俳優陣が登場しています。

このページでは映画「来る」の公開日とあらすじ、原作との比較、そしてこの映画に出演している俳優陣の役どころを解説していきます。

 

ネタバレの内容も少し入れていますのでまだご覧になっていない方はスルーして下さいね。

 

映画「来る」の公開日といつまで上映?

 

2018年も、もう少しで終わろうとしている年の瀬となりました。

今年の最後に映画を見るとしたら何を見るか悩んでいるかたは、この映画をおすすめします。

 

映画「来る」の公開日は2018年12月7日(金)から全国で公開されています。

その予告動画を貼り付けておきます。

 

映画「来る」という映画は一応ホラー映画というカテゴリーになっていますが、この映画の監督の中島哲也監督は演技や作品の細かさに定評があります。

 

人の心に住み着いた謎めいたものをどのように描写していくのか楽しみの一つでもあります。

 

豪華俳優陣が登場しているこの映画ですが、ひとことでこの映画を説明すると

「悪霊を退治する霊媒師とその家族の話」という単純なストーリーなのですが、主演俳優や脇を固める豪華俳優陣がすごすぎてホラー映画という枠を超えて感動巨編にさえ感じてしまうのはわたしだけでしょうか?

 

映画「来る」の上映開始日は

2018年12月7日(金)から上映されています。

 

映画「来る」のキャストと監督・脚本は

 

映画「来る」はある家族に襲いかかる恐ろしい悪霊を退治するために様々な人達が関係していきます。

主人公の幼馴染に言われた「それ」が幸せな家庭を壊していくその破壊されていく様子の描写がとても怖いです。

 

映画来るの原作は

原作は「第22回日本ホラー大賞」の大賞となった澤村伊智の小説『ぼぎわんが、来る』を映画化となりました。

 

監督は中島哲也監督で代表作とし『嫌われ松子の一生』『告白』『渇き。』というどれも感情の動きをとても細かく描写して見るものの胸を締め付けるような心の動きを表現することに関しては右に出るものがいないという監督さんです。

 

キャストは本当に豪華で中島哲也監督作品に出演されている、小松菜奈さん松たか子さんを始め名優たちが集結しています。

 

キャスト一覧

岡田准一、黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡、青木崇高、柴田理恵、太賀、志田愛珠、蜷川みほ、伊集院光、石田えり、西川晃啓、松本康太、小澤慎一朗

 

主演を務める妻夫木聡さんと黒木華さんが夫婦役で霊媒師を務める小松菜奈さんと松たか子さんは姉妹役です。

これだけでも見たいと思いました。

 

 

あらすじと注目のシーン

 

映画「来る」のあらすじは

完璧を目指すイクメンの田原秀樹(妻夫木聡)は妻である加奈(黒木華)と幸せな結婚生活をしていたのですが、秀樹の努力とはうらはらに夫婦の距離が徐々に離れていきます。

 

そんなある日家に帰った秀樹は家の中が散らかりズタボロになったお守りの札などが騒然となっている中で過去に言われた「それ」が襲ってきたことを悟ります。

 

そこで知り合いのオカルトライターに相談を持ちかけて霊媒師を紹介してもらい悪霊を退治するための行動を起こします。

悪霊は退治できたのかそれはラストで明らかになります。

 

 

DVDレンタルはいつになる?

今のところ映画「来る」のDVDレンタルの情報は入っていませんが、日本映画のレンタルとセルの販売は上映から1年ほどで販売とレンタルが開始されるという傾向にあります。

 

なので予想としては2019年の冬頃にDVDのレンタルとセル販売が開始されると予想できます。

 

中島哲也監督作品のおすすめは

 

中島哲也監督は現在59歳でファンタジーものからホラー物まで多岐に渡って作品を作られている監督でもあります。

 

特徴として、心の描写がとてもうまい監督さんでもあります。

中でもホラーというカテゴリーにおいては他の追随を許さない存在でもあり、代表作として「嫌われ松子の一生」や「告白」といった作品が有名です。

 

中でも小松菜奈さんと役所広司さんが主演の作品「渇き。」は過激な描写こそあるもののそれ以上にサイコな部分の想像を掻き立てる描写がとても見るものの戦々恐々とさせてしまう表現力がとても今までに見たことのない表現だと感じました。

もちろん小松菜奈さんや役所広司さんの演技力もこの映画に華を添えているのですがなんといっても心の動きの描写がとてもうまい監督だなと言う印象です。

 

中島哲也監督作品おすすめ

もし「来る」を見て中島哲也監督作品に興味を持たれたならば「嫌われ松子の一生」と「告白」「渇き。」は必須で見たほうがいいと思います。

 

まとめ

映画「来る」は来年1月の後半頃まで上映予定だと予測しますのでもし興味がある方は早めに劇場で見ることをおすすめします。

 

こういったホラー映画というものは単に驚いてびっくりするだけのものだと思いますが中島哲也監督のどのような表現をスクリーンに映し出されるのかその部分を注目して映画を見るとまた違った楽しみ方も出来るかもしれませんよ。

-映画

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.