役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

生活 社会

Google Pixel3日本販売はいつ!値段と販売日キャリアはどこ?

投稿日:2018年10月7日 更新日:

日本のスマホ業界に新たな旋風が訪れようとしています。今まではアップル社のiPhoneがほとんど独占している日本のスマホ業界に、googleが参入してきます。

ITの巨人とまで言われていgoogleのスマホの威力はどのくらいのものなのでしょうか?

これまでiPhone独占市場としていた日本のスマホの勢力図はどのように変わっていくのでしょうか?

このページでは、googlePixel3が販売される経緯や、値段やスペックを調べてみました。

 

スポンサーリンク

グーグルピクセル3の新型公開日

画像はgooglePixel2のものです。

googlePixel3の新機種発表会はアメリカの現地時間10月9日に行われる予定です。

実は、googlePixelという機種は今まで、2代に渡って販売されてきました。

googlePixel3の予約販売はいつ?

Google Pixelの初代(10月4日)とGoogle Pixel 2(10月5日)のGoogle Pixelシリーズの発表日に発表と予約受付が同時にスタートしました。それから、Google Pixel 3の予約受付日を予測すると、多分、予約受付日は、Google Pixel 3の発表日と同じ10月10日(日本時間)になると思われます。

googlepixelのスペック

googlePixel3のスペックはまだ詳しい情報は公開されていませんが、原点で、公開されている情報を調べて話していきます。

 

機種は2種類ある!

情報によると、「Google Pixel 3」と「Google Pixel 3 XL」という2種類の機種が販売されるようです。

この情報から推測するとGoogle Pixel 3とGoogle Pixel 3 XLの違いは、画面の大きさや、容量の違いが差となるようです。

情報を調べてみると画面のサイズは5.3インチ/6.2インチと予測される。

 

顔認証センサー等はiPhoneなどと同じくらいついている

iPhoneから乗り換えを検討している方にとってはセキュリティーなどの問題もかなり気になるところですが、そのへんは大丈夫だと思います。

あらゆる情報を調べて結果、

機能・センサ
Bluetooth  Bluetooth 5.0
GPS   GPS, GLONASS, BDS, GALILEO
ネットワーク機能   NFC
センサ類 指紋認証センサ, 加速度センサ, 近接センサ, ジャイロ, コンパス, 気圧センサ, 顔認証ロック
防水   IPX 7, 水深1メートルにおいて30分間沈めても影響なし
イヤホンジャック   無し

以上のような情報を集めることができました。この情報を見てみると、イヤホンジャックが無いということで、個人的にはちょっと違和感を感じるのですが、Bluetooth対応のイヤフォンを購入するしか無いように思います。

スポンサーリンク

googlePixel3の値段

気になるのはgooglePixel3の値段ですよね、これはまだ公表されていないので、あくまで予測するしか無いのですが、前回と、前々回のgooglePixelの値段を検証してみると、価格帯は10万円ほどだと予測してみます。

何故かと言うと、Google Pixel 2の価格は、Google Pixel 2の64GBが649ドル(約7万2000円)、128GBが749ドル(約8万4000円)で、Google Pixel 2 XLの64GBモデルが849ドル(約9万5000円)、128GBモデルが949ドル(約10万6000円)でした。Google Pixel 3の価格もGoogle Pixel 2に近い価格になるのではないかと予想されています。

販売はいつになる

予約販売の時期は、新機種公開イベントのすぐに行われる可能性があります。

その理由は、前回も同じようなタイミングで行われているために、今回も同じようにすぐに予約販売が行われる可能性が高いということです。

ただ、日本に販売されるのは、今回がはじめてのため、日本に販売されるのは多少タイムラグがありそうな気もします。

販売キャリアはどのになる?

日本での販売に乗り出している大手のキャリアは、ソフトバンクとdocomoが名乗りを上げているようですので、10月10日以降に購入される方はお問い合わせしてみることをおすすめします。

 

 

 

まとめ

一人に1台必要なスマートフォンは、高機能でパソコン並みのスペックを持っている機種もありますが、10万円の金額を出してまでほしいというのはやはりブランドが為せる技なのかもしれませんね、電話だけ使えるならガラケーでもよいのですが、多様化する現在においては、スマホは必需品になっているように思えます。

 

スポンサーリンク

-生活, 社会

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.