役立つ情報ホットな情報をおつたえします。

気まぐれ情報屋

生活

アイコスのフィルター汚れが有害物質発生!正しいクリーニングとタイミング

投稿日:2018年8月23日 更新日:

アイコス使用者に衝撃が走りました。

なんと、アイコスから有害物質が出たと日本禁煙学会が緊急警告を出しています。

 

火を使わない加熱式のタバコの代名詞的製品である、「アイコス」に先日

日本禁煙学会の松崎道幸・理事と作田学理事長の連盟で緊急警告が、愛煙家でも知られる財務大臣・麻生太郎さんと

厚生労働大臣・加藤勝信さんに両名を名指しして、緊急警告を出したそうです。

 

そもそも、煙草の害は避けられないのですが、それ以外に最も危険な物質を出す原因と

対処法を話していきます。

 

スポンサーリンク

アイコスから有害物質

日本禁煙学会が、送った警告文の1行目はこう書かれていた。

「アイコスは、生産に変化する恐れのあるフォルムアルデヒドシアンヒドリンを発生することが確認されました。」

青酸とはシアン化水素の水溶液(シアン化水素酸)のことですが、その二文字から

「青酸カリ」「青酸中毒」という言葉が、連想されるので、かなりやばい事になったと

感じたんです。

 

有害物質を発する場所はフィルター

アイコスのフィルターには、350℃近くに加熱されたエアロゾルを冷やすために、ポリマーフィルターが使われています。

このポリマーフィルターが90℃に加熱されると、青酸に変化する危険性があるフォルムアルデヒドシアンヒドリンを

発生することが確認されたということでです。

 

その根拠となる証拠も、米カリフォルニア大学リバーサイド校の研究班が今春に寄せた論文にも

記載されているので、かなり正しい情報かと思います。

 

有害物質がでる原因

どうして、アイコスから、有害物質が出るのかというと原因はは掃除を怠ることに問題があると言われています。

アイコスの推奨する、掃除のタイミングを無視して、使用し続けることで、汚れが原因でプラスチックの部分が焦げだして、

やがて異臭を発生する可能性が高くなると言われています。

日々の手入れはどうしても面倒になりがちですが、やはりマメな掃除こそ、有害物質を出さないポイントです。

 

スポンサーリンク

 掃除はどのくらいの頻度でするの?

アイコスの掃除はどのくらいの頻度で行うのが、有害物質を出さなくて済むのかというと

約2箱に1回の掃除が推奨されています。

1日に、1箱吸う方は、2日に1回のペースで掃除することが望ましいと言われています。

タバコのみの宿命ということでしょうか、多少面倒くさくても、やはり、タバコの害よりも、もっと強い害を防ぐためには

定期的な掃除が欠かせないことが必須です。

 

 

 アイコスの掃除のやり方

アイコスのクリーニング方法は、付属のクリーニングキッドを使用します。

アイコスの先端部分と、後半部分のカスをきれいに取り除きます。

アイコスの掃除の場合、中央の突起部分は傷つけないように細い綿棒などでお手入れをしましょう。

市販の綿棒でも掃除はできますが、おすすめは子供用の細いタイプの綿棒が良いです。

 

アイコスのスターターキットには、専用のブラシがついていますので、まずは大雑把に、カスなどを取り除きましょう

その後に、エタノールなどを使用して、綿棒にきれいに汚れを取り除きます。

 

間違っていませんか?アイコスの吸い方

バッテリーが切れそうだからと、アイコスをスパスパと何度も吸い上げるすい方はやってはいけない、吸い方だそうです。

限界まで吸い込むという貧乏性を出してしまうと、必要以上の有害物質まで吸い込む羽目になるそうです。

基本的にタバコは、そもそもからだに悪いものだということをまずは認識してください。

 

その上で、メーカーの正しい使い方を守り、喫煙を楽しんでください。

 

まとめ

火を使わないタバコ、煙が出ないタバコと言う最新流行している加熱式タバコですが

使い方を間違えると、タバコの害よりももっと恐ろしい害になりそうな予感がします。

新しいものに飛びつくのは良いことですが、ある程度様子を見てから、購入することも自分の実を守るためには必要な

考え方なのかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

-生活

Copyright© 気まぐれ情報屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.